サバに似た釣り魚の見分け方

サバに似た魚が釣れたが、名前がわからないという方の
為に写真や画像とともに簡単にサバとの見た目の違いなどの
特徴を載せてみました。

 

サバ

サバの画像

 

 

まずは見分けるために写真でサバから。
どちらかというと他のサバに似ている魚と比べて目が
非常に大きい
です。

体のシマ模様は体の半分ぐらいまで。

ある程度のサイズのサバは釣れた時のぶるぶると暴れる動きが
すごいです。

 

 

クサヤモロ

サバに似た釣り魚 クサヤモロの画像
出典 - https://ja.wikipedia.org

 

 

アジ科の魚なので、けっこうアジに似ている特徴が出ています
が小さい魚は少しだけサバに似ているよう。
体の中央に青いラインが入るのが特徴の魚です。

 

ハガツオ

サバに似た釣り魚 ハガツオの画像

 

画像で見比べれば、すぐにわかりますが
あまり詳しくない人の為に載せておきました。

サバとは背びれと、体の縞模様が違います。
歯も結構鋭い魚です。

サイズは50~60cmの個体も多く、割とサバに近いサイズが
多いようです。

 

スマ

サバに似た釣り魚 スマの画像

By: yamakk

 

 

背びれなどがサバと異なりますが割と似ています。
体の縞模様はサバと似たように半分ぐらい。

非常に旨いようなので、食品で見つけてみたら
食べてみてもいいかも。

 

 

 

グルクマ

グルクマの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

 

 

沖縄でよくみられるサバ科の魚で、小さいサイズのものが似ています。
割とサバと似ていますが模様で見分けがつくのと
体の中央部分が黄色っぽく
なっています。

 

 

 

ソウダガツオ

サバに似た釣り魚 ソウダガツオの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

 

 

 

堤防付近でもよく釣れる魚、大きい群れにあたると
日が出てる時にかなりの時間つれ続けることもあり。

全長40cmと割とサバに似たようなサイズのものが多い。
サバとの違いは背の部分が黒くなっているので
簡単に見分けることができる。

 

 

サワラ(サゴシ)

サバに似た釣り魚 サワラ(サゴシ)の画像

 

防波堤付近でもかなりよく釣れる魚です。
夕マズメの結構暗くなってからも釣れます。

サバとの違いは、魚体が細長い、歯が鋭い、目が小さい
などの違いがあり、魚をあまり知らない人でも
違和感を感じるかと思います。

大人気の太刀魚釣りでもごく稀に釣れます。

サバに似た釣り魚 サワラの画像

 

 

 

サバに似た釣り魚の見分け方と同じカテゴリ