サバに似た魚の見分け方

サバに似た魚が釣れたが、名前がわからないという方の
為に写真や画像とともに簡単にサバとの見た目の違いなどの
特徴を載せてみました。

 

サバ

サバの画像

 

 

まずは見分けるために写真でサバから。
どちらかというと他のサバに似ている魚と比べて目が
非常に大きい
です。

体のシマ模様は体の半分ぐらいまで。

ある程度のサイズのサバは釣れた時のぶるぶると暴れる動きが
すごいです。

 

 

クサヤモロ

サバに似た釣り魚 クサヤモロの画像
出典 - https://ja.wikipedia.org

 

 

アジ科の魚なので、けっこうアジに似ている特徴が出ています
が小さい魚は少しだけサバに似ているよう。
体の中央に青いラインが入るのが特徴の魚です。

 

ハガツオ

サバに似た釣り魚 ハガツオの画像

 

画像で見比べれば、すぐにわかりますが
あまり詳しくない人の為に載せておきました。

サバとは背びれと、体の縞模様が違います。
歯も結構鋭い魚です。

サイズは50~60cmの個体も多く、割とサバに近いサイズが
多いようです。

 

スマ

サバに似た釣り魚 スマの画像

By: yamakk

 

 

背びれなどがサバと異なりますが割と似ています。
体の縞模様はサバと似たように半分ぐらい。

非常に旨いようなので、食品で見つけてみたら
食べてみてもいいかも。

 

 

 

グルクマ

グルクマの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

 

 

沖縄でよくみられるサバ科の魚で、小さいサイズのものが似ています。
割とサバと似ていますが模様で見分けがつくのと
体の中央部分が黄色っぽく
なっています。

 

 

 

ソウダガツオ

サバに似た釣り魚 ソウダガツオの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

 

 

 

堤防付近でもよく釣れる魚、大きい群れにあたると
日が出てる時にかなりの時間つれ続けることもあり。

全長40cmと割とサバに似たようなサイズのものが多い。
サバとの違いは背の部分が黒くなっているので
簡単に見分けることができる。

 

 

サワラ(サゴシ)

サバに似た釣り魚 サワラ(サゴシ)の画像

 

防波堤付近でもかなりよく釣れる魚です。
夕マズメの結構暗くなってからも釣れます。

サバとの違いは、魚体が細長い、歯が鋭い、目が小さい
などの違いがあり、魚をあまり知らない人でも
違和感を感じるかと思います。

大人気の太刀魚釣りでもごく稀に釣れます。

サバに似た釣り魚 サワラの画像

 

 

 

サバに似た魚の見分け方と同じカテゴリ

 

サバに似た魚の見分け方を見ている人は他にこんなページもみています

太刀魚 ワーム ただ巻きで釣るコツ
太刀魚 ワーム ただ巻きで釣るコツ

青物を狙うため朝まずめまで待つ時暇な為に、一晩研究を兼ねて何度も太刀魚をワームで釣り続けて分かった事をメモしておきます。ワインドで使うワインドヘッドマナティーをそのまま使っても特に問題ありませんが、釣れづらい時に比較するとだだ巻きだけで釣るにはワインドの方が釣れずらいことも多いです。(余計な物が多くついている為)だだ巻きでも釣れますが、比較するとやや釣れづらいシーバスを釣るようなワームジグヘッドが……

エビ(海老)の種類 観賞用
エビ(海老)の種類 観賞用

海水魚水槽でよく飼育される観賞用のエビの種類種を名前と写真画像とともに簡単に紹介。観賞用のエビはおもに海外から輸入されて販売されるものが多い。小さく綺麗なものから、特殊な性質をもつもの、いろいろな生物と共存するエビなど面白い生態のものも多いです。アカホシカクレエビ海水魚の体の体表に付いた寄生虫をクリーニングすることでよく知られるクリーナーシュリンプのエビの種類。透明なボディにスポットが入る。輸入数……