Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ジグサビキ カマスの釣り方

アカカマスの画像

カマスは小さい割に、釣れれば割とおいしくて
なかなかおすすめ出来るターゲットです。

 

釣るにはいろいろなコツがありますので
掲載しておきます。

 

 

ジグサビキを使用した場合、サビキの部分ににカマスが
スレ掛かりすることもかなり多く
『メタルジグジグ単体よりも釣れやすく』なります

 

 

その為にジグサビキはカマスを狙う場合に向いている
おすすめできる仕掛けの一つです。

 

 

ジグサビキ カマス用の仕掛け

 

市販のカマス専用のジグサビキ

 

ハヤブサ カマス専科 堤防キャスティングサビキ 3本鈎

 

カマス用のサビキ仕掛けの部分のみの商品
針はやや大きめです、8号~12号

カマスの鋭い歯で切られないように、ハリスも
やや太めに設計
されています。

 

価格はリーズナブルです。
この程度の値段であれば、自作する必要も
ないでしょうしカマスのみを狙うのであれば
カマス 専用のものを使うのをおすすめします。

 

 

自作のジグサビキ仕掛け

 

カマス自体が釣り場にいれば、専用のサビキで
いいですが、それほど居ないということも多い。

そういう場合も想定して普通のサビキ仕掛け
使っても悪くはないです。

 

カマスは歯が鋭い上、フッキングしてもいきなりバレることも
意外に多く、ある程度のハリスの太さや、針の号数が欲しい所

 

ダイソー ピンクサビキ

ダイソーサビキであれば、8号の針のものを
おすすめします、このサイズであれば
そこそこ重いメタルジグをキャストしてもあまり
サビキ仕掛けの部分からラインブレイクすることはないです。

 

ジグサビキ仕掛け メタルジグ

ダイソー ジグベイト18g

メタルジグにはそこまでこだらなくても
釣ることができます。
コスパ重視するならばダイソーのメタルジグを
使っても問題なし。

 

メタルジグではカマスのベイトを意識する必要性はあり
あまり大きいメタルジグを使うと釣れづらくなります

 

カマスを釣る場合それほど飛距離が必要でないことも
多く30g以下のメタルジグの方が良い。
15g以下になるとメタルジグによってはフォールが遅くて見切られやすいので
15g~30g程度がおすすめといった所。

ジグパラマイクロの画像

 

ジグパラは、それほど値段も高くないので
割とおすすめできます、他のメタルジグに比べても
そこまで塗装も剥げるということもないですね。

 

フォールアクションが素早くいいようなメタルジグを
おすすめします。
左右非対称のメタルジグがフォールアクションが良いものも
多いです。

 

メタルジグの代わりに、メタルマルやスピンテールジグを
つけても面白いと思います。
(スピンテールジグだとアクションさせるのが厳しいですが)

コアマン パワーブレイドで釣った カマスの画像

 

ジグサビキでのカマスの釣り方

 

 

カマスはフィッシュイーターなので、ベイトを意識
して釣る必要があり

少し、補足して書いていきます。

 

 

まずめの時間帯に釣る

 

フィッシュイーターを狙うのであれば基本的な事
ですが、まずめの時間帯に餌を捕食する為に回遊行動
をするので、活性が良い。

 

カマスは夕まずめの場合、やや暗くなってから完全に
日が暮れるまでぐらいがかなり釣れやすいです。

 

とくに釣り場に人が多くて、動きづらい場合は
まずめを狙わないとジグサビキではなかなか釣れないと
いうことも多い。

 

 

堤防の際を狙う

 

カマスはショアであれば、堤防の際にに居ることが
かなり多い魚で一番に狙うべきポイント。

 

ジグサビキで釣るのは
堤防の際にフォールするのがが一番簡単

キャストする場合でも、堤防の際に沿って重点的に
探っていくと出やすいです。

 

釣り場に数が多い場合、爆釣りもよくあります。

 

 

2、3回度、フォールかキャストするとランガン

カマス多数

 

ジグサビキもルアーということで何度か投げていると
魚に見切られます。
その為移動(ランガン)する必要性あり。

 

ルアーを見切られるというのは、釣り場にカマスの数が
いるとよく分かります。

同じ場所で投げて、釣れなくなっても、数m程移動して
投げるとまた釣れるという事
が多くあります。

 

ベイトの動きや波の動きにもよりますが、カマスはまずめ以外は
それほど回遊することも少なく一定の場所を
泳いでいることが多い魚です。

数を出したい場合はどんどん移動していって
釣ったほうが早いです。

 

 

ジグサビキ カマスの釣り方と同じカテゴリ

 

ジグサビキ カマスの釣り方を見ている人は他にこんなページもみています

針やサルカンへの簡単な結び方厳選5つ
針やサルカンへの簡単な結び方厳選5つ

ルアー、カン付きの針、スナップサルカンなどへの釣り糸の結び方を写真を使って解説してみました。初心者の方でもすぐに簡単に結べる方法をつ載せています。これらの結び方はラインを使う場合、直結ではなくフロロカーボンなどのショックリーダーに接続してから使うと良いとされています。画像の接続部はわかりやすく、ルアーのアイ(結び目)にしていますがカン付きの針、スナップサルカンでも同じです。参考の為に太い糸で写真を……

サビキ 釣れる魚 29種類 全写真あり
サビキ 釣れる魚 29種類 全写真あり

サビキで釣れる魚の種類をまとめてみました。よく釣れる魚の種類から稀に釣れるレアな種類を掲載地域によってはそれなりに変化すると思います。サビキ釣りはまず初心者でも楽しめる釣りで、シーズンになるとかなり人で混雑することもある人気のある釣りです。魚の群れがいればほぼ多量につれ、そうでない場合はボウズかほんの数匹釣れると極端な感じのする釣りです。サビキ釣りのコツほんのちょっとだけコツを抑えておくと簡単に釣……