Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スピニングリールへのpeラインの巻き方

初心者の方には何かと判りづらい、スピニングリールへの
ラインの巻き方
について載せておきます。

 

 

スプールへのpeラインの結び方

 

スピニングリールにラインを巻き付けるときは
ルアーなどにラインを結ぶときの
「ユニノット」を使って結びつけると簡単に
スプールへと結ぶことができます。

 

判れば非常に簡単ですが、スプールの底に溝がない
ようなリールに直接peラインを巻き付けると
滑る
ので、リールへの下巻きが必要です。

 

リールへの下巻き

 

大きい番手のリールであれば糸の巻き量が少ないと
スプールの奥のほうにラインが巻かれることに
なり、いろいろとデメリットがでてきます。

詳しくは下の記事に(シマノのリール向け)

 

 

peラインの巻き方 濡らすべき?

peラインを巻くときは、巻き付ける際の摩擦による
peラインの劣化を防ぐため
に事前にpeラインを
十分に湿らす事が推奨されている。

湿らさなく巻いても、すごい勢いで巻かない
限りそれほど違いが判らないので、あまり細かい事に
拘らない人ならそのまま巻いてもいいかと。

実際に湿らさないで巻いたことが何度かありますが
違いは判りません
(peラインの銘柄によっては違いが出るかもしれませんが)

peラインを巻くという機会はそれほど何度も
ないことですし、細かいことはやっておいたほうが
いいことが多いので、ほとんど毎回やっていますが。
これでラインブレイクが少なくなるという
プラシーボ効果、ぐらいはあるかも。

 

スピニングリールへのpeラインの巻き方

 

peラインを巻く手順は以下のよう

  1. リールのドラグを強く締め付ける
  2. リールをロッドにセットする

  3. ロッドのリングガイドを一つ通しリールの
    スプールへpeラインの結ぶ

    (スプールへのpeラインの結び方の項 参照)

  4. peラインのホビンを固定して
    テンションを加えて巻き付ける

 

 

peラインを巻くときテンションは

リールに巻くときはそれなりにpeラインを張り
テンションをかける
必要があり。
そのためにも最初にリールのドラグを
締め付ける必要があり。

あまりにも弱いテンションでリールに
peラインを巻くと、シマノリールの場合
AR-Cの性能が得れないことになる。

巻き付けるテンションは、リールの説明書にも
書いているが
「スプールに巻かれた糸にツメをおしこめない程度」
がちょうど良いようだ。

そのまま巻いていると、ふつうにツメをおしこめるので
それなりにテンションをかける意識しないと
きっちりと巻けていないということになります。

スピニングリールへのpeラインの巻き方と同じカテゴリ

 

スピニングリールへのpeラインの巻き方を見ている人は他にこんなページもみています

冬のサビキ 釣れない原因は
冬のサビキ 釣れない原因は

日本の冬は寒い、非常につらい寒さの中で釣りとなるので釣れない坊主ととなるとさらに精神的に厳しい釣りとなります。少ない休みを使い時間を割いて釣りに行く方などはできれば何かを釣りたいということでサビキを選択する方もいると思います。冬であれば、月月などは本来であれば釣りは休業としたほうがいいような気もしますが。釣り吉ならば、月に、度ぐらいは釣りに行きたくもなります。この時期は船で沖へ行く釣りも大物が狙え……

危険なイソギンチャクの種類
危険なイソギンチャクの種類

刺胞がもっている毒が強くて、指されると害になる種類のイソギンチャクがある。あまりお目にかかることはないが、海水浴やシュノーケリングで見たら注意したほうが良いイソギンチャクの種類種を記しました。ウンバチイソギンチャク有名なさわってはいけない害があるイソギンチャク。色や形状からイソギンチャクでなく海藻かなにかとしか見えない、識別しづらくイソギンチャクのなかでももっとも危険な種類。夜には触手を伸ばしてい……