Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

タコ釣り ラインについて

タコ 釣り ラインについて

タコはかなりアバウトな釣りでも釣れてしまうので
ラインについてこだわりがない方も多いかもしれません。

しかし、釣れるような状況でも数が釣れる人とそうでない人にかなり
明確な差が出るのがタコ釣りです。

タコ釣りをあまりやらない人は釣れる差は釣っている場所と考えるのが一般的だと
思いますが、すべてがそういう訳ではありません。
釣っている場所も影響していますが、だいたいタコが釣れる場所であればそのあたり
一帯にタコはいますから、目に見えるようなぐらい離れているだけでは影響はすくないです。

ラインもそれなりに影響していますので、ラインについてあまり考えてなかった方も一度
タコ釣りのラインについて考慮してみてはいかがでしょうか。

いろいろと、使ってみて良さなどがわかる事もあると思います。

ルアーでタコを狙うの場合はpeラインとナイロン(フロロカーボン)どちらを
使うかを考えることもあるかと思います。

おかっぱりから狙う場合のpeラインとナイロン(フロロカーボン)を比較しての
メリット・デメリット、利用する糸の太さなどをまとめてみました。

 

タコ釣り PEライン

メリット

  • 飛距離が出る
  • 底の感覚が読み取りやすい(凸凹やブレイク)
  • タコが足の先端でエギを引き込んだ時がわかりやすい

 

デメリット

  • ライントラブルがナイロンなどと比較するとややでやすい
  • パワーが伝わりやすいので、タコに違和感を与えやすい
  • 結束の数が多くなるので、ラインブレイクの確立はあがる

 

 

タコ釣り PEライン 何号

四つ編みのPEの1号でも大きいタコを特に問題なくあげることができます、2号ぐらいなら
安心
でしょうか。
特に飛距離を有効的に生かすのであれば、ある程度細くしたほうが飛距離が
出て多くの範囲を探れるので有利です。

PE1号だと細いと思われる方も多いかもしれませんが、このサイズでも
シーバスの10kgを引き上げている方も(最後はタモを利用)多いのでとくに
足元まで引っ張ってくるには問題のない強度かと思います。

PE1号で実際に、デカい板や自転車のホイールに張り付いたタコを
そのまま引き上げましたが
特に問題はありませんでした。

リーダーのサイズはやや太めのほうがいいでしょう。

 

タコ釣り PEラインの直結について

peラインを直結すれば結束数はナイロン(フロロカーボン)と同じに
なるかもしれませんが、力が加わるとスナップやラインアイのPE結合部から切れ
やすいのでpeの直結はやめておいたほうがいい
でしょう。

特にタコ釣りの場合、根がかりしたり、タコが割れ目や
大きいものに張り付いたりした時は相当のパワーを加えないと
引きはがしたり
するのは難しいです。

エギのピックアップなどの際に防波堤の端に擦れたりしても
PEであればいずれラインブレイクにつながってしまうので
タコ釣りの場合ではラインリーダーは必ず必要かと考えられます。

 

タコ釣り ナイロン(フロロカーボン)

 

メリット

  • 結束の数がすくないのでラインブレイクしずらい
  • PEと比較すると、パワーの伝達がゆるいのでタコに違和感を与えにくい
  • 根がかりしたり、タコに張り付かれた場合でもかなり強い

 

デメリット

  • 飛距離が出ない
  • タコが足の先端でエギを引き込んだ時がわかりにくい
  • パワーが伝わりにくいのでしっかりフッキングしづらい

 

タコ釣り ナイロン(フロロカーボン) 何号

飛距離を捨てて、端の部分以外をテクトロでしか
一切狙わないというのであればかなりの太いサイズでも問題ないでしょう。

ナイロン(フロロカーボン)を使うと気づきづらいですが

よく障害物や防波堤の端に擦れたりして、ラインに痛みが出るので
釣り行ごとにある程度の長さをカットしておいたほうがよいです。

気づかないうちに傷んだ所からラインブレイクして
ルアーロストとかはよくありがちです。

 

タコ釣り PEラインとナイロン(フロロカーボン)

メリット・デメリットなどを書き出してみたわけですが、結局は
どっちがいいのかって話にいきつくと思いますが
やはり使う状況やアングラーによって変わるかと思います。

 

peラインに慣れているような人は、陸からのタコ釣りの場合
ロッドをしっかりと選択していると
peラインのほうが少し有利
なのではないのかと考えられます。

理由は、ナイロン(フロロカーボン)に比べると
広範囲に攻めれるし、タコが足先でちょっとタコエギをつかんだなんて時が
わかりやすいので、じわじわと誘いをかけれます。

ただそこまでメリットがあるかと言うと微妙なので
peラインに慣れていない方はナイロン(フロロカーボン)
使ったほうがストレスなくタコ釣りすることが
できるのでそちらを利用したほうがいいのではないでしょうか。

タコ釣り ラインについてと同じカテゴリ

 

タコ釣り ラインについてを見ている人は他にこんなページもみています

タコやん (改造)フックの交換は簡単
タコやん (改造)フックの交換は簡単

タコ釣りで餌を使わない場合は、最強と思えるタコ専用ルアーのタコやん。フックが折れたり、鋭さがなくなったり、錆びたりといろいろな理由でタコやんのフックを交換をしたくなる事もあるかと思います。タコやんのフックは普通のルアーにあるようなトレブルフックとはことなるので交換はどうなのか、と思われた方もいるはずです。で実際にタコやんのフックを交換してみたのですが思いのほか簡単だったので記事に乗せておきます。(……

タコの締め方(ハサミ,素手で裏返し)
タコの締め方(ハサミ,素手で裏返し)

タコは食べるに関してはなかなかいい食材ですのでしっかりと締めておいしく持ち帰りたい人も多いはずです。堤防からルアーでも簡単に釣れるタコの簡単な締め方などを書いておきました。タコ締め方ルアーの餌木などで釣った場合、針は早めに外さないと針と餌木が繋がっている所(プラスチックで細くてもろい)を触手で掴まれて破壊されることもある。(この部分、かなり細い)タコを締める前には針外ししておくことをおすすめする。……