太刀魚の餌釣り 釣れない場合サバの可能性も?

サバの画像

タチウオ ウキ釣りに来ているが何度も
餌ばかり取れてしまう

目に見えてベイトが多い、夜であれば水面が
バシャバシャとざわついている。
そういう時のウキへの反応は、サバの可能性もあります。

 

タチウオとサバのアタリの違い
餌や仕掛け、状況によっては違うこともありますが
ありがちなパターンを載せておきました。

 

 

タチウオのアタリ 特徴

基本パターン

ウキがゆっくりと真下に沈んで行くことが多い。
何度も沈むときでも、ある程度の深さ沈むことが多い。

 

 

活性が悪い

何度もひつこく餌の端を下に引っ張る。
飲み込みはしない。

ウキもあまり深く沈まない。

活性が悪すぎるとウキが沈み込んで5分まっても
餌を飲み込みません。

 

活性が普通

 

餌の端を下に引っ張る
すぐに飲み込みはしない。

 

だいたいウキが沈んでから1~3分程度で餌を
飲み込むことが多い
、餌を飲み込んだら違和感を
感じているのか、横に走る場合が多い。

この時に糸ふけなどを絶妙に取ってなかったり
合わせが遅いと、細いワイヤーなどでは
噛み切られたりします。

 

 

活性が良い

これは満月や大潮、まずめの時など活性の良い時。
すぐに餌を飲み込んでいることが多いです

 

餌を奪い取るように横に走る。

一度目で深く一気に沈み込む。

 

 

サバのアタリ 特徴

サバのアタリの特徴としては、あまり活性などに左右は
されないような気がします。

 

基本パターン

一瞬だけちょっとウキが沈む。
一度か数回それが続いて、一気に横か斜めの角度にウキが走る。

 

 

ウキ釣りでの水中の映像を見たことはないので
憶測になりますが、ウキ釣りの時もサバの群れが
餌にアタックして来ている
可能性が高いです。

そうと考えると、一度サバの群れの一匹が餌に
試し食いしたところを再度他の群れの
一匹が餌を奪うように食べた所で確実なアタリに
なると思われます。

サビキでは一匹が餌を食い始めると、一気に多量に
他の群れが流れこんでくるので、同じように
なっているのかもません。

一瞬だけちょっとウキが沈むというのは
群れの一匹が餌に試し食い
したところが
そのような感じのアタリに見えるのかも。

 

タチウオとサバのアタリ

 

タチウオとサバのアタリの似ている所

サバの場合一瞬だけちょっとウキが沈む。
というのが、タチウオの活性が悪い時に似ていて。

一気に横か斜めの角度にウキが走る
というのが、タチウオの活性が良い時に似て
いたりします。

 

タチウオを釣りに来て、何度やっても
一瞬だけちょっとウキが沈んで餌が奪われると
いうのはたぶんサバに餌取りされている可能性が
高い
でしょう。

サバの餌取りはタチウオよりもうまく、結構
反射的に合わせないと餌だけ取られて終わりと
なってしまいます。

サバは釣れるときは釣れて、反射的に合わせるのが
面白いですがね。
しかし、夏に釣れるのは身も殆どないし少々残念かも。

 

稀にですが、太刀魚釣りでもサバに似た魚なども釣れることもあります。

 

 


太刀魚の餌釣り 釣れない場合サバの可能性も?と同じカテゴリ

 

太刀魚の餌釣り 釣れない場合サバの可能性も?を見ている人は他にこんなページもみています

太刀魚におすすめワーム ガルプ(Gulp!)
太刀魚におすすめワーム  ガルプ(Gulp!)

は動きでの誘いはないようなワームなので匂い以外のアピール力はなさそうである。動きでのアピールが欲しい場合は他のを。ガルプを太刀魚釣りにおすすめする理由ガルプがおすすめできる理由は匂いで魚を誘うという特徴をもっていること。特にガルプの場合それがかなり強いので動きでの誘いに対して、太刀魚が反応しなくなった時に強いです。実際に匂いで魚を誘うという効果がどのように実釣りで強みがあるのかという理由を載せてい……

太刀魚のワインド 釣れない問題を解決!
太刀魚のワインド 釣れない問題を解決!

太刀魚のワインド釣り法はタチウオの活性がいいときやると他の釣り方よりも間違いなく釣れます。少し大げさかもしれませんがある程度状況がそろっていれば以上の確立で釣れると言っても過言ではありません。もちろん条件が揃っていなくてもシーズンインしていてタチウオの数が多ければそれなりに釣れます。ではこれほど釣れやすい太刀魚タチウオワインド釣り何故釣れないのかという問題を見ていこうかと思います。太刀魚タチウオワ……