ハタタテダイ

ハタタテダイはチョウチョウウオ科ハタタテダイ属の海水魚。

チョウチョウウオ科に属するので少し似ているが
背ビレがかなり長いので判別しやすい。

ハタタテダイは自然下ではサンゴ礁域で
よくみられ、単独か数匹でよく行動している、ハタタテダイはあまり数のある
群れはつくらない。

ハタタテダイの餌は岩などの隙間の海底生物を捕食するので
よく海底などを生息域としている。
そのため、ハタタテダイは海底への依存が高く
中層ではあまり泳がない。

ハタタテダイを飼育する場合、観賞用の海水魚としては
比較的寒さ強く丈夫で飼育しやすい。
餌はなんでもよく
食べる、人口飼料にも直に餌付きやすい。

ハタタテダイはチョウチョウウオ科に
属し、チョウチョウウオと
似たように白点病にややかかりやすい所があるが
体力があるので以外と持ち直しやすいところがある。
寒さにも強いので、温度ショックで白点病などに
かかった場合は比較的すぐに直りやすい。

海水魚飼育初心者の方は
チョウチョウウオを飼育しようとしていてハタタテダイを
気に入ったら購入を検討してみては
いかがだろうか。

ハタタテダイの幼魚は他の海水魚のクリーニングを
行う性質がある。
飼育した場合、混泳の相性が良い海水魚をタンクメイトにすると
ちょろちょろとクリーニングしている姿は
なかなか可愛らしい。

ハタタテダイによく似る、ムレハタタテダイもいる。
かなり似ているので昔は混同されていた。

ムレハタタテダイの写真画像

By: Cliff

(ハタタテダイに似るムレハタタテダイの写真)

ムレハタタテダイとハタテテダイとの違いは
ムレハタタテダイは口の部分の吻が短く胸が膨らんでいて
和名のようによく大群で群れている。

他にはハタタテダイとツノダシも良く姿が似ている。

(ハタタテダイに似るツノダシの写真)

しかしこちらはムレハタタテダイに比べると
体色がまったく違うので容易に違いがわかると思う。
目の部分もまったくことなる。


ハタタテダイと同じカテゴリ

 

ハタタテダイを見ている人は他にこんなページもみています

イナズマヤッコ
イナズマヤッコ

なお(イナズマヤッコ成魚の写真)イナズマヤッコは通販でもよく売られて、少し成長した幼魚の固体でも成魚と同じような姿になる。いかにも南国の海水魚のような独特のカラフルな体色で人気の高いヤッコの種類。イナズマヤッコの幼魚はサザナミヤッコの種類特有の色彩パターンで成魚への体色変化がかなり早い時期から変化してくる。ほどの幼魚でもすでに背ビレの付近が黄色に変化してくる。~程ですでに幼魚の姿からいれかわり成魚……

キイロハギ
キイロハギ

キイロハギの写真キイロハギはニザダイ科ヒレナガハギ属の魚。カクレクマノミ、クマノミなど同じぐらいに観賞用の海水魚として人気がありよく飼育されるニザダイの種類の一種。キイロハギは全長はほどまで成長する。体色は和名そのもので体全体が黄色、尾付近に白いトゲがある。自然下ではサンゴが群生している場所に主に単独でいることが多い。警戒心が強いので近寄るとすぐにサンゴの中に隠れてしまう。ニザダイの種類のなかでも……

ハタタテダイ販売、価格


  • (海水魚)ハタタテダイ(1匹) チョウチョウウオ 北海道・九州・沖縄航空便要保温

    2010円