ハタタテダイ

ハタタテダイはチョウチョウウオ科ハタタテダイ属の海水魚。

チョウチョウウオ科に属するので少し似ているが
背ビレがかなり長いので判別しやすい。

ハタタテダイは自然下ではサンゴ礁域で
よくみられ、単独か数匹でよく行動している、ハタタテダイはあまり数のある
群れはつくらない。

ハタタテダイの餌は岩などの隙間の海底生物を捕食するので
よく海底などを生息域としている。
そのため、ハタタテダイは海底への依存が高く
中層ではあまり泳がない。

ハタタテダイを飼育する場合、観賞用の海水魚としては
比較的寒さ強く丈夫で飼育しやすい。
餌はなんでもよく
食べる、人口飼料にも直に餌付きやすい。

ハタタテダイはチョウチョウウオ科に
属し、チョウチョウウオと
似たように白点病にややかかりやすい所があるが
体力があるので以外と持ち直しやすいところがある。
寒さにも強いので、温度ショックで白点病などに
かかった場合は比較的すぐに直りやすい。

海水魚飼育初心者の方は
チョウチョウウオを飼育しようとしていてハタタテダイを
気に入ったら購入を検討してみては
いかがだろうか。

ハタタテダイの幼魚は他の海水魚のクリーニングを
行う性質がある。
飼育した場合、混泳の相性が良い海水魚をタンクメイトにすると
ちょろちょろとクリーニングしている姿は
なかなか可愛らしい。

ハタタテダイによく似る、ムレハタタテダイもいる。
かなり似ているので昔は混同されていた。

ムレハタタテダイの写真画像

By: Cliff

(ハタタテダイに似るムレハタタテダイの写真)

ムレハタタテダイとハタテテダイとの違いは
ムレハタタテダイは口の部分の吻が短く胸が膨らんでいて
和名のようによく大群で群れている。

他にはハタタテダイとツノダシも良く姿が似ている。

(ハタタテダイに似るツノダシの写真)

しかしこちらはムレハタタテダイに比べると
体色がまったく違うので容易に違いがわかると思う。
目の部分もまったくことなる。

ハタタテダイと同じカテゴリ

 

ハタタテダイを見ている人は他にこんなページもみています

ハナミノカサゴ
ハナミノカサゴ

ハナミノカサゴはフサカサゴ科ミノカサゴ属の海水魚。分布は日本では相摸湾以南でよく見られる。琉球諸島ではカサゴの種類はミノカサゴよりハナミノカサゴのがもっとも良く見られる。ハナミノカサゴは根魚でかなり生命力が強く、丈夫で飼育しやすい。体長は程度と、小さいので小型の水槽でフィルターがそれ程濾過能力がなくても比較的ハナミノカサゴの飼育が成功しやすい。ハナミノカサゴは海水魚飼育初心者の方にオススメできる海……

ニシキヤッコ
ニシキヤッコ

自然下で大きく成長したニシキヤッコの写真ニシキヤッコは一属一種類のマリンエンゼル。分布は中~西部太平洋、インド洋、紅海、オーストラリアと広域に生息しているヤッコ。マニラ産のニシキヤッコがよく入荷し通販などで販売される。ニシキヤッコは長期飼育が割と難しいエンゼルの種類なので初心者向けの海水魚ではない。通販などでは難しいだろうが、ショップなどで直接購入する場合は人口飼料などを餌付け済みかどうかを確認し……