鱶(フカ)と鮫(サメ)の違い

サメの卵の画像
(上はサメの卵の写真)

サメはフカとよばれたりすることもある。
あまりサメの事を知らない人にはややこしくて
分かりづらいと思うので鱶(フカ)と鮫(サメ)の違いを、調べて
みた事を書いてみた。

標準和名の鱶(フカ)

サメのなかでも標準和名にもサメとフカ、さらにはワニを用いられている
サメの種類がいる。
これは正式な和名なので、地方の呼び名とかではない。
普通にフカやワニと名称されている。

サメ

  • ホホシロザメ
  • ヨシキリザメ
  • イタチザメ

フカ

  • ドタブカ
  • ネムリブカ

ワニ

  • シロワニ
  • ミズワニ

 

地方の呼び名の鱶(フカ)

 

関西以西の地域ではよくサメをフカと呼んでいたりしたこともあったそうだが
今はほとんどの人がフカではなくサメというのではないだろうか。
わりと昔にはフカと呼ばれていたようだ。

ちなみに山陰地方では、サメをワニと呼んでいた地域もあり。

サメがフカと言われていた説は何個かある。
以下のものがフカと呼ばれていたと思われる説である。

  • 漢字ではサメ『鮫』 フカ『鱶』と書くが
    フカは胎児であるから魚に養うと書くという説。

  • 他にはフカは深いところにいるからフカと言われていた
    という説。

  • 大型で性質狂暴なサメの種類をフカ (鱶) という説。

 

一方でサメのほうは眼が細いから狭目(サメ)と呼ばれるように
なったと言われている。

 

フカとサメの違いですが、地方によってはそう呼ばれていたと
言う違うだけで結論はサメもフカも同じ魚だということです。

鱶(フカ)と鮫(サメ)の違いと同じカテゴリ

 

鱶(フカ)と鮫(サメ)の違いを見ている人は他にこんなページもみています

日本の海?ヒリゾ浜 魚の種類
日本の海?ヒリゾ浜 魚の種類

(南伊豆の写真)南伊豆に面するヒリゾ浜。そこは関東の海と思えないような透明度を誇る綺麗な海の中。魚の楽園の場所、観光などで伊豆にいく場合は寄って見て海の中を堪能して見てはいかがでしょうか。ヒリゾ浜は浅い場所でも綺麗な魚の種類を手軽にみれるのでお子様にもお勧め。このページではヒリゾ浜で見れる魚の種類で、綺麗でカラフルな魚をピックアップして写真や動画とともに紹介。ミナミハコフグハコフグの種類の黄色く可……

チューブ サビキ餌のメリットとデメリット
チューブ サビキ餌のメリットとデメリット

あまり釣りをしない人でも手軽サビキ釣りをできるチューブタイプのサビキ餌についてのメリットとデメリットを掲載しています。販売されているチューブ式のサビキ餌商品の種類は以下のようなものがあります。値段や容量もかなりばらつきがあり、それほど多くの商品が出ていない感じがありますね。チューブ式のサビキ餌商品の種類アミ姫(常温可)ハイパワーアミエビ(常温可)にぎっていれるだけ(常温可)カンタンサビキブルーベリ……