鱶(フカ)と鮫(サメ)の違い

サメの卵の画像
(上はサメの卵の写真)

サメはフカとよばれたりすることもある。
あまりサメの事を知らない人にはややこしくて
分かりづらいと思うので鱶(フカ)と鮫(サメ)の違いを、調べて
みた事を書いてみた。

標準和名の鱶(フカ)

サメのなかでも標準和名にもサメとフカ、さらにはワニを用いられている
サメの種類がいる。
これは正式な和名なので、地方の呼び名とかではない。
普通にフカやワニと名称されている。

サメ

  • ホホシロザメ
  • ヨシキリザメ
  • イタチザメ

フカ

  • ドタブカ
  • ネムリブカ

ワニ

  • シロワニ
  • ミズワニ

 

地方の呼び名の鱶(フカ)

 

関西以西の地域ではよくサメをフカと呼んでいたりしたこともあったそうだが
今はほとんどの人がフカではなくサメというのではないだろうか。
わりと昔にはフカと呼ばれていたようだ。

ちなみに山陰地方では、サメをワニと呼んでいた地域もあり。

サメがフカと言われていた説は何個かある。
以下のものがフカと呼ばれていたと思われる説である。

  • 漢字ではサメ『鮫』 フカ『鱶』と書くが
    フカは胎児であるから魚に養うと書くという説。

  • 他にはフカは深いところにいるからフカと言われていた
    という説。

  • 大型で性質狂暴なサメの種類をフカ (鱶) という説。

 

一方でサメのほうは眼が細いから狭目(サメ)と呼ばれるように
なったと言われている。

 

フカとサメの違いですが、地方によってはそう呼ばれていたと
言う違うだけで結論はサメもフカも同じ魚だということです。

鱶(フカ)と鮫(サメ)の違いと同じカテゴリ

 

鱶(フカ)と鮫(サメ)の違いを見ている人は他にこんなページもみています

オオメジロザメ
オオメジロザメ

メジロサメと広く言われているのは、メジロザメ科の海水魚をあらわす。人喰いザメと言われているメジロサメは人を襲った記録が多い熱帯、亜熱帯でよく知られているオオメジロサメを指す事が多い。過去には日本でもオオメジロサメによる事故も確認されている。メジロザメ科の種類メジロサメ科は属約種確認されている。その中でもメジロザメ属は種含まれる。メジロザメ属でもよく知られている種を紹介する。日本では小笠原諸島にメジ……

サメの種類 共食いするシロワニ
サメの種類 共食いするシロワニ

シロワニの生息域は沖合いの浅瀬、難波船、洞窟、サンゴ礁、など。日本での生息地は、小笠原の父島、婿島。大きさは~程度にまで成長する。サメというのは単独行動が多いが、シロワニはときに匹ぐらいの群れで餌を探すこともある。他のサメと少し違う習性として、シロワニは口を半分あけて泳ぐという一風変わった所がありこの姿がいかにもサメという雰囲気をだしている。常に歯が見えた状態なので見た目は恐い姿だが、性質はわりと……