鱶(フカ)と鮫(サメ)の違い

サメの卵の画像
(上はサメの卵の写真)

サメはフカとよばれたりすることもある。
あまりサメの事を知らない人にはややこしくて
分かりづらいと思うので鱶(フカ)と鮫(サメ)の違いを、調べて
みた事を書いてみた。

標準和名の鱶(フカ)

サメのなかでも標準和名にもサメとフカ、さらにはワニを用いられている
サメの種類がいる。
これは正式な和名なので、地方の呼び名とかではない。
普通にフカやワニと名称されている。

サメ

  • ホホシロザメ
  • ヨシキリザメ
  • イタチザメ

フカ

  • ドタブカ
  • ネムリブカ

ワニ

  • シロワニ
  • ミズワニ

 

地方の呼び名の鱶(フカ)

 

関西以西の地域ではよくサメをフカと呼んでいたりしたこともあったそうだが
今はほとんどの人がフカではなくサメというのではないだろうか。
わりと昔にはフカと呼ばれていたようだ。

ちなみに山陰地方では、サメをワニと呼んでいた地域もあり。

サメがフカと言われていた説は何個かある。
以下のものがフカと呼ばれていたと思われる説である。

  • 漢字ではサメ『鮫』 フカ『鱶』と書くが
    フカは胎児であるから魚に養うと書くという説。

  • 他にはフカは深いところにいるからフカと言われていた
    という説。

  • 大型で性質狂暴なサメの種類をフカ (鱶) という説。

 

一方でサメのほうは眼が細いから狭目(サメ)と呼ばれるように
なったと言われている。

 

フカとサメの違いですが、地方によってはそう呼ばれていたと
言う違うだけで結論はサメもフカも同じ魚だということです。


鱶(フカ)と鮫(サメ)の違いと同じカテゴリ

 

鱶(フカ)と鮫(サメ)の違いを見ている人は他にこんなページもみています

アブラツノザメ 世界でもっとも個体数が多いサメ
アブラツノザメ 世界でもっとも個体数が多いサメ

出典アブラツノザメの分布は広く世界各地に分布する。グリーンランドからアルゼンチン、アイスランドからモロッコまでの東西大西洋。地中海、黒海、ベーリング海、チリ朝鮮半島から南オーストラリアまでの東西太平洋。寒冷な海域を好み、ときに湾内や入り江などでもみられるサメ。冷水域で生息し、度以上の水温に耐えることができない。アブラツノザメの体長は平均的に~、大きい個体でほどなので小さく人間に対してそれほどの危険……

メガロドン 巨大サメは実在するのか?
メガロドン 巨大サメは実在するのか?

メガロドンと呼ばれるサメは大昔に生息していた古代生物で日本にも化石などが残っている。そのメガロドンが生存していた時代は第三期中新世と呼ばれる時代で海が地球全体を覆っていた時代である。メガロドンとは大きな歯を意味する。学名はカルカロドンメガロドンまたはカルカロクレスメガロドンとされている。和名は、ムカシオオホホジロザメでこれは一般的な方には解り易い名前であるかもしれない。その理由としては、メガロドン……

サメ販売、価格


  • (海水魚 サメ 卵)イヌザメのたまご(1匹) 北海道航空便要保温 沖縄別途送料

    8480円

  • (海水魚 貝殻)シェルコレクション シャークマウス(サメの顎) Sサイズ(1個)(形状おまかせ)

    1280円

  • (海水魚 貝殻)シェルコレクション シャークマウス(サメの顎) Lサイズ(1個)(形状おまかせ)

    2650円

  • ホホジロザメ はんこ かわいい イラスト ネーム印 10mm ブラザー サメ

    2160円