鱶(フカ)と鮫(サメ)の違い

サメの卵の画像
(上はサメの卵の写真)

サメはフカとよばれたりすることもある。
あまりサメの事を知らない人にはややこしくて
分かりづらいと思うので鱶(フカ)と鮫(サメ)の違いを、調べて
みた事を書いてみた。

標準和名の鱶(フカ)

サメのなかでも標準和名にもサメとフカ、さらにはワニを用いられている
サメの種類がいる。
これは正式な和名なので、地方の呼び名とかではない。
普通にフカやワニと名称されている。

サメ

  • ホホシロザメ
  • ヨシキリザメ
  • イタチザメ

フカ

  • ドタブカ
  • ネムリブカ

ワニ

  • シロワニ
  • ミズワニ

 

地方の呼び名の鱶(フカ)

 

関西以西の地域ではよくサメをフカと呼んでいたりしたこともあったそうだが
今はほとんどの人がフカではなくサメというのではないだろうか。
わりと昔にはフカと呼ばれていたようだ。

ちなみに山陰地方では、サメをワニと呼んでいた地域もあり。

サメがフカと言われていた説は何個かある。
以下のものがフカと呼ばれていたと思われる説である。

  • 漢字ではサメ『鮫』 フカ『鱶』と書くが
    フカは胎児であるから魚に養うと書くという説。

  • 他にはフカは深いところにいるからフカと言われていた
    という説。

  • 大型で性質狂暴なサメの種類をフカ (鱶) という説。

 

一方でサメのほうは眼が細いから狭目(サメ)と呼ばれるように
なったと言われている。

 

フカとサメの違いですが、地方によってはそう呼ばれていたと
言う違うだけで結論はサメもフカも同じ魚だということです。

鱶(フカ)と鮫(サメ)の違いと同じカテゴリ

 

鱶(フカ)と鮫(サメ)の違いを見ている人は他にこんなページもみています

魚へん 念 鯰
魚へん 念 鯰

漢字は魚へん念と書いて鯰ナマズ鯰ナマズの特徴本の口ひげがある特徴的な魚。日本では北海道をのぞく地域に分布する淡水魚。川の下流、沼、用水路などの濁りのある場所を好む。水面に水草の繁茂したところに多くいる。肉食で割と荒い性質を持つ魚、主に小魚などを餌とするが、雑食でなんでも貪欲に食べる。釣りでは引きが割と強いのでルアーでのゲームフィッシングとして対象とされることある。食用としては、白身魚としてヒレナマ……

魚へん 養 鱶
魚へん 養 鱶

漢字は魚へん養と書いて鱶フカサメを表す漢字の一つ。魚へん養フカサメの特徴サメは種類が多く、基本的なイメージとしてあるようなホホジロザメのようなサメ以外にも小型のサメから、シュモクザメのような特殊なサメも多い。ミズワニ、シロワニなどの和名にワニが付くサメもいるがこれも、漢字の鱶が理由となっていると考えられる。(シロワニの画像)フカと食材で言えば、高級食材フカヒレなどが有名な所、つばめの巣に次ぐ高級品……