ヤッコの種類

和名にヤッコという名前がつく
マリンエンゼルフィッシュでポピュラーな種類を
まとめて写真とともに簡単に紹介しているページです。

 


サザナミヤッコ

サザナミヤッコ属(Pomacanthus)は大型ヤッコの種類
非常に人気の高いヤッコ。

幼魚は他の種類も(写真下)のようにほとんど似たような色彩をしている。
さざ波という名前の由来も幼魚からきていて姿にあっている。
幼魚は主に、浅くて流れがない場所でみられることが多い。

サザナミヤッコ幼魚の写真、このような色彩パターンがサザナミヤッコ属
の幼魚に共通する。

 

成長すると幼魚とは違い、流れのあるサンゴ礁の付近などに単独
かペアでよくみかける。

餌はカイメン、郡体ボヤ、藻類などの付着生物。

サザナミヤッコの写真画像

サザナミヤッコの写真、成長すると幼魚とはまったく異なる
姿になる。


イナズマヤッコ

イナズマヤッコの写真画像By: なお

イナズマヤッコはサザナミヤッコ属で大型ヤッコの種類
こちらも人気の高いヤッコの種類。

幼魚はサザナミヤッコの種類特有の色彩パターンで
イナズマヤッコは成魚への体色変化がかなり早い時期から
変化してくる。
3cmほどの幼魚でもすでに背ビレの付近がオレンジ色になってくる。

性質は、神経質なところがあり他のヤッコと混泳させると
攻撃されることが多い。


アデヤッコ



太平洋産のアデヤッコの写真。

ブルーフェイスという愛称ももつヤッコの種類。
写真の固体からまさにその名前の姿が伺える。
アデヤッコもサザナミヤッコ属で大型ヤッコの種類

幼魚はサザナミヤッコの種類、特有の色彩パターンで
成魚への体色変化が早く、10cm程に成長すると
写真のような成魚に体色へ変化する。

アデヤッコは太平洋産の固体が青みが強く、モルディブ産の固体
はオレンジ色が強い。


チリメンヤッコ

写真なし、イラストのみ写真ではウロコのような分け目があるが
実際のものにはそれほどウロコ感は感じられないチリメン模様。

小型ヤッコの種類でキートドントプルス属に属する。
成魚の体長は20cm程度まで成長する。
サンゴ礁がよくみられる海域の浅場に生息する。
自然下ではよく枝サンゴやテーブルサンゴに身を隠して泳いでいることが多い。
日本では、奄美大島以南のサンゴ礁域でよくみられる。

吻先は小さく細かい餌を食す。
自然下では藻類をよく食すようで、ハードコーラルも餌とする性質をもつ。
ハードコーラルを飼育している水槽ではタンクメイトとするのは
控えたほうがよい。

キートドントプルス属は幼魚の固体は成魚と違わない体色をする種類が多い。

インドネシア産のものは時に尾ビレが半透明の固体がいるようだ。

 


ニシキヤッコ

自然下で大きく成長したニシキヤッコの写真

 

ニシキヤッコは一属一種類のマリンエンゼル。

分布は中~西部太平洋、インド洋、紅海、オーストラリアと
広域に生息しているヤッコ。
マニラ産のニシキヤッコがよく入荷し通販などで販売される。

ニシキヤッコは長期飼育が割と難しいエンゼルの種類
なので初心者向けの海水魚ではない。
通販などでは難しいだろうが、ショップなどで直接購入する場合は
人口飼料などを餌付け済みかどうかを確認してから購入
したほうが良い。

ニシキヤッコは太平洋、インド洋、紅海の固体で
体色が異なる。
自然下ではおもにサンゴ礁がみられるような
浅場に生息しダイバーに臆病で警戒心が強く、近づくとこちらを
一度確認して逃げるが安全と確認すると餌をついばむこともあり。

ニシキヤッコはサザナミヤッコ属などとはことなり、幼魚も成魚と
体色が似かよっていて、成長する前は背ビレの後ろ側に
大きな青いスポットがある。

ニシキヤッコを飼育する場合も一般的には
警戒心が強くおとなしいとされている。

ニシキヤッコを混泳させる場合は同サイズ以上の魚と
混泳した際にいじめられやすい。
ニシキヤッコより小さいサイズのおとなしい性格な海水魚を
先にいれておくのであれば混泳させやすい。

購入する際にニシキヤッコの餌付け済み固体なら
問題ないが採取されたものはなかなか餌付きづらい。
体長20cm前後の採取されたものはなかなか餌付け
づらいようだ。
成長する前の5cm以下の幼魚だと餌付けやすい上
飼育環境に適応力があるので飼育しやすい。

餌付け済みかわからない通販でニシキヤッコを購入する場合は
背ビレの後ろ側に大きな青いスポットがある
まだ成長してない小さい幼魚のほうが向いている。

自然下では草食性なのでニシキヤッコの餌
海藻などをよくたべやすい、乾燥餌の場合
はメガバイトグリーン。
焼き海苔もなれると良く食べてくれる。


ソメワケヤッコ

アブラヤッコ属、黄色と青の体色が綺麗な小型ヤッコ、体長は13cmほど。
ココスピグミーエンゼルフィッシュに似る。
幼魚も成魚とあまり変わらない体色をしていて
日本の本州沿岸でも幼魚がみられる。

やや気のつよい性質をもつ、混泳させる
自分より小さいサイズの海水魚に追い回すことがあり。
サイズが大きくなると大型ヤッコの種類とも混泳できる場合もあり。

色彩変異個体がよくあるようで、フィリピン産のものは
背ビレが黄色くなるものや、オーストラリア産のものなどは
ヘラルドヤッコに似るほぼ全身が黄色い固体などもいるようだ。

 


コガネヤッコ(レモンピール)

アブラヤッコ属、黄色い体色で非常に綺麗な色合いをしている、小型ヤッコ
人気がありよく販売される。
よく近づいて、上の方からみないとわかりづらいが、背ビレと尾ビレの
縁の部分が青くなっている。

分布域は広く、地域ごとによって特性が少しことなる。

自然下ではよく藻類を食している、草食性の餌(メガバイトグリーンなど)を
与えるなどがよいが、一般的には餌付きづらい面をもつ。

クリスマス島ではソメワケヤッコに似るココスピグミーエンゼルフィッシュなどと
一緒によく泳いでいる。

 


レンテンヤッコ

日本の固有種のヤッコの種類でアブラヤッコ属、ミッドウェイや台湾でもみられる。

オス1匹とメス3~4匹のハレムを作り、オスがいなくなると
優位のメスが性転換を行う。

潮通しのよい岩礁域に隅、おもに藻類やカイメンを餌にしている。
めずらしいことに、プランクトン食性の魚。
ハナダイの種類やスズメダイの種類の糞も好んで食べる。

幼魚は背ビレの後ろ側に大きなスポットがある。
岩の隙間を好んで住んでいる。

 


ヤイトヤッコ

(写真はヤイトヤッコメスの画像)

タテジマヤッコ属、尾ヒレの上下が長いのが特徴。
日本の海域ではポピュラーな種類、別名は
ブラックスポットエンゼルフィッシュと呼ばれる。
その名前のようにオスの腹部中央に黒点が現れることがある。
メスとオスがかなり異なり、オスは体全体に黒色の横帯が入る。

 

ヤッコの種類と同じカテゴリ

 

ヤッコの種類を見ている人は他にこんなページもみています

日本の海?ヒリゾ浜 魚の種類
日本の海?ヒリゾ浜 魚の種類

(南伊豆の写真)南伊豆に面するヒリゾ浜。そこは関東の海と思えないような透明度を誇る綺麗な海の中。魚の楽園の場所、観光などで伊豆にいく場合は寄って見て海の中を堪能して見てはいかがでしょうか。ヒリゾ浜は浅い場所でも綺麗な魚の種類を手軽にみれるのでお子様にもお勧め。このページではヒリゾ浜で見れる魚の種類で、綺麗でカラフルな魚をピックアップして写真や動画とともに紹介。ミナミハコフグハコフグの種類の黄色く可……

チョウチョウウオの種類
チョウチョウウオの種類

トゲチョウチョウウオ販売されるチョウチョウウオの種類ではポピュラーな部類。雑食性で餌付きやすく、乾燥餌も食べてくれる。チョウチョウウオの中では飼育が容易なほう。体長は前後まで成長する。幼魚の固体は死滅回遊魚として日本でも採取できる。フウライチョウチョウウオこちらも販売されるチョウチョウウオの種類ではポピュラーな種類。雑食性で餌付けやすく、丈夫である。チョウチョウウオ飼育の初心者にもお勧めな種類。体……