和歌山 春太刀魚の仕掛け釣り

マリーナシティで釣った 太刀魚

関西の中で唯一、春のシーズン4月からも釣れる和歌山での
春太刀魚
の釣り。

関西で太刀魚釣りが好みの方にとってはこのシーズンから
狙えるとあって結構早い時期から狙っている人も多いです。

おそらく他の地域でも居残りの太刀魚がいれば釣れると
思いますが、主に春太刀魚がよく見られるのは和歌山ぐらいでは
ないでしょうか。

主に和歌山の『紀ノ川河口』か『マリーナシティ』で餌釣りで
釣ってみた感想の記事です。

年によっては変わることもありますが
かなりの回数、春太刀魚の餌釣りにいったので、それなりに
合っている部分はあると思います。

 

和歌山での春太刀魚の釣り 感想

 

全体的に太刀魚の数が少ない(と思う)

これはメインシーズンに比べてそう感じます。
数が少ないので、メインシーズンに比べ難易度は
相当上がります。

 

 

チャンスが一時だけのことが多い

数も少ないということもありますが、あまり回遊していない
のか、夕朝マズメや深夜にアタリが数回程度とかいうパターン
多いような気がします。

餌に一度食いついてきて、乗せるのに失敗すると
一晩やっても、その日はそれきり、みたいなこともよくあり。(笑)

しかしアタリが出たときあの感じは、メインシーズンでは
味わえないようなものがあり。

寒いし、厳しい釣りになりますが、釣れた時の
嬉しさは格別
のものがあります。

 

タナがメインシーズンよりも深いことが多い

メインシーズンであれば、朝夕マズメとかであれば、結構水面に近い所
(1mぐらい)にタナを設定していてもよくアタリが出ることも
多いですが。

どちらかというと春太刀魚はやや深めのみでアタリが出ることも
多いです。

心持ちメインシーズンよりも深いタナに設定してやるほうが
アタリが出やすいような気がします。

この辺りはもしかすると水温などと関係しているのかも
しれません。

 

徹底的に食い渋ることが多い

春太刀魚の場合、これは徹底していることが多いです。

合わせなど入れようとしないほうがいいです。
はじめから合わせ不要な仕掛けで挑むのが吉です。
その為、あまり細いフロロやワイヤーなどの仕掛けで挑まない
ほうがいいでしょう。

おそらく感だけで勢いよく合わせようとするとほぼ終わります。
春太刀魚はウキが沈み込んでも何十分でも待ち続けるような
根気が欲しい所です。

できる限り確実に飲み込んで、横に早く走り出してから
合わせるべき。

たまにあることですが、ひたすらゆっくり沖のほうにひっぱり
続けるみたいなパターン、あの場合も糸の長さが足りなくなると
確実に終わる
ので、結構長めに糸は巻いておいたほうがいいです。

あとは朝マズメなどに多いですが、いきなり
餌をひったくるように食ってくる場合、糸が見えているのか
どうかは知りませんが、確実に糸を切断しに来ているような感じです。
この時は結構太いフロロカーボンでもやられることが多いです。

 

ルアーでの春太刀魚

餌のマズメでも時期によってはおそろしく食い渋る
ことも多く、ルアーでは苦戦を強いられると思います。

マズメの時間帯にワインドでランガンしまくるのが一番
引き出しやすい方法かと思います。

鉄板系も、ベイトが出るまではなかなか渋いですね。

 

 

和歌山での春太刀魚の釣り 紀ノ川河口

 

紀ノ川河口は普通の釣り場のエリアよりも、やや沖の方に
出ていてて風が強いことも多く4月でも夜になるとかなり
寒さが厳しいです。

早い時期から夜通しで春太刀魚を狙うという人は少ないでしょうが
ここは車で横付けができる場所があるので
比較的夜通しで、春太刀魚が狙いやすいかと思います。

どちらかというと、灯台から長い堤防がある所よりも
車が横付けできる場所のほうが
春太刀魚は釣れやすいような気が
します。
(ここで釣っている人を多くみているだけだからかもしれませんが)

太刀魚が釣れなくても春のシーズン紀ノ川河口は場所によっては
ヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュが出やすいので
マズメに太刀魚が渋い場合は狙ってみても面白いかもしれません。

特にマゴチは餌を動かさずにも狙えるので、太刀魚と似たような
仕掛けでも釣ることができます。

 

和歌山での春太刀魚の釣り マリーナシティ


(和歌山マリーナシティ 湾内の画像)

マリーナシティは湾内と、沖の方がありますが。
ほとんど湾内の方でやっていたので、湾内の感想になります。

沖の方は寒すぎて、一晩中あの寒さに耐えるのかなり厳しいです。

水温の関係からどちらかというと風裏になっている
湾内の方が春太刀魚は出やすいような気
がします。

 

マリーナシティ湾内、ここの春太刀魚でよくあるパターンは

  1. 夕マズメは食い渋りのアタリ
  2. 深夜ぐらいに食い渋りのアタリが1,2回程度
  3. 朝マズメにすごい勢いで餌をむしり取る

みたいなパターン。

何年か餌釣り行っていますが、アタリがある日はこういう
のが結構多いような
気がします。

 

特に朝マズメになんとか釣れることが多かったので、明るくなりそう
な時期は結構チャンスです。

 

 

和歌山 春太刀魚の仕掛け釣りと同じカテゴリ

 

和歌山 春太刀魚の仕掛け釣りを見ている人は他にこんなページもみています

魚へん 刀 タチウオ 漢字
魚へん 刀 タチウオ 漢字

タチウオは銀色で細長い体をもつ魚、歯が鋭く手に少し触れただけでも傷がつく、カッターなどよりも鋭く感じる。動きがないような時は立って待機している事も多い。普通の魚のように横向きになり俊敏にも泳ぐこともよくあり。名前の由来の一つに立泳ぎしながら餌を狙うということで立魚という説もあるようだ。また、通常深さくらいの泥底に群生して朝夕の薄暗い頃に表層に浮き上がり、餌を狙って立ち泳ぎしながら頭上を通り過ぎる獲……

太刀魚餌釣り・ルアー ケミホタルの付ける位置
太刀魚餌釣り・ルアー ケミホタルの付ける位置

太刀魚釣りのケミホタルは、餌釣り、ルアーとともにつける位置によってはかなり太刀魚の反応が変わる重要な要素です。実釣りの中の経験から感じたことを載せておきます。ケミホタルを餌やルアーから離す適度な位置は釣り場の状況、太刀魚の活性によって変わるということが言えます。まず結論から言うとケミホタルをルアーや餌からの距離が長くする場合は太刀魚の活性が低い時釣り場(海中)が見えやすいケミホタルをルアーや餌から……