横川吸虫が寄生する魚の種類

横川吸虫の写真
(横川吸虫の写真)
出典 – https://ja.wikipedia.org/

主に吸虫類は魚の消化器官などで熟成する
横川吸虫の人体寄生は幼虫が寄生した魚類の
生食
によっておもに生じる。

冷凍や加熱することで横川吸虫は死滅するので
生で食する場合に人体へと寄生する。

寄生されたとしても、ほとんど人体への影響は少なく
少しの栄養源を吸収し卵を産みそのまま死滅する。
寿命はそれほど長くなく訳1年ほど。

 

横川吸虫 中間宿主(感染経路)

横川吸虫が人体へと寄生する感染経路の
中間宿主
となる魚は以下の通り。

以下のような淡水の生物ががおもな中間宿主となる。

 

第1中間宿主

  • 巻貝カワニナ

第2中間宿主

  • アユ
    横川吸虫の中間宿主となるアユ
  • シラウオ

  • ウグイ
    横川吸虫の中間宿主となるウグイの画像

  • フナ
    横川吸虫の中間宿主となるフナの画像
  • コイ
    横川吸虫の中間宿主となるコイの画像

 

 

横川吸虫は肝吸虫に色と形が似ているが
肝吸虫とはことなる寄生生物であり、中間宿主(感染経路)
もことなる。

肝吸虫の場合は中間宿主(感染経路)は

モツゴなどのコイ科魚類、ワカサギとされている。

 

 

横川吸虫 寄生部位

 

横川吸虫の中間宿主への寄生部位は鱗、皮下、筋肉となる
横川吸虫が寄生している可能性のある
アユ、ウグイ、シラウオなどを生食する場合注意が必要。

おもに横川吸虫に感染される方は
シラウオの踊り食いなどが原因となっているようだ。

 

人体へ寄生した時の寄生部位は小腸となる。
少数寄生した場合症状は深刻ではないが、
多数感染した場合腹痛や下痢、慢性カタル性腸炎の原因
となるとされている。

 


横川吸虫が寄生する魚の種類と同じカテゴリ

 

横川吸虫が寄生する魚の種類を見ている人は他にこんなページもみています

タマゾン川の外来種
タマゾン川の外来種

都心に近い多摩川、現在は確認されているだけでも外来種が種ほど確認されていて、多摩川のことをタマゾン川などと呼ばれている。年にはタマゾン川が流行語大賞の候補にもなった。外来種が多摩川にいつくようになった原因は、飼えなくなった、もしくは飼育するのが飽きたような人が多摩川に魚を放流したのが原因でショップでよく販売されるような熱帯魚が多くみられる。その捨てられた熱帯魚の外来種が多摩川にいつくようになった要……

シガテラ毒のある魚の種類
シガテラ毒のある魚の種類

シガテラ毒とは主としてサンゴ礁の周辺に生息する毒魚によって起こる死亡率の低い食中毒の総称。原因物質は脂溶性のシガトキシンなど数種の毒によって引き起こされる。シガテラ毒の症状主に現れる症状はドライアイスセンセーション(温度感覚の異常)掻痒、四肢の痛みで、筋肉痛、関節痛、頭痛、めまい、脱力、排尿障害など。その他の症状は、消化器系症状(下痢、嘔吐、腹痛、悪心等)や循環器系症状(不整脈、血圧低下、徐脈等)……