横川吸虫が寄生する魚の種類

横川吸虫の写真
(横川吸虫の写真)
出典 – https://ja.wikipedia.org/

主に吸虫類は魚の消化器官などで熟成する
横川吸虫の人体寄生は幼虫が寄生した魚類の
生食
によっておもに生じる。

冷凍や加熱することで横川吸虫は死滅するので
生で食する場合に人体へと寄生する。

寄生されたとしても、ほとんど人体への影響は少なく
少しの栄養源を吸収し卵を産みそのまま死滅する。
寿命はそれほど長くなく訳1年ほど。

 

横川吸虫 中間宿主(感染経路)

横川吸虫が人体へと寄生する感染経路の
中間宿主
となる魚は以下の通り。

以下のような淡水の生物ががおもな中間宿主となる。

 

第1中間宿主

  • 巻貝カワニナ

第2中間宿主

  • アユ
    横川吸虫の中間宿主となるアユ
  • シラウオ

  • ウグイ
    横川吸虫の中間宿主となるウグイの画像

  • フナ
    横川吸虫の中間宿主となるフナの画像
  • コイ
    横川吸虫の中間宿主となるコイの画像

 

 

横川吸虫は肝吸虫に色と形が似ているが
肝吸虫とはことなる寄生生物であり、中間宿主(感染経路)
もことなる。

肝吸虫の場合は中間宿主(感染経路)は

モツゴなどのコイ科魚類、ワカサギとされている。

 

 

横川吸虫 寄生部位

 

横川吸虫の中間宿主への寄生部位は鱗、皮下、筋肉となる
横川吸虫が寄生している可能性のある
アユ、ウグイ、シラウオなどを生食する場合注意が必要。

おもに横川吸虫に感染される方は
シラウオの踊り食いなどが原因となっているようだ。

 

人体へ寄生した時の寄生部位は小腸となる。
少数寄生した場合症状は深刻ではないが、
多数感染した場合腹痛や下痢、慢性カタル性腸炎の原因
となるとされている。

 

横川吸虫が寄生する魚の種類と同じカテゴリ

 

横川吸虫が寄生する魚の種類を見ている人は他にこんなページもみています

アイゴの種類
アイゴの種類

毒をもつ海水魚、アイゴの種類を紹介しているページ。種ほど紹介。幼魚は大きな群れをつくり、その中にニザダイの種類がまじっていることがある。成長すると群れから離れて、ペアで行動する。アイゴの種類は、ウミガメが好物なので、アイゴはタートルグラスと呼ばれることもある。アイゴ毒の特徴毒といってもアイゴの毒は死にいたるようなものではないのでそれほどあわてる必要はない。しかし、痛みはともなうので魚の取り扱いには……

太刀魚 堤防からの釣り方
太刀魚 堤防からの釣り方

太刀魚はまったくの釣りの初心者でも堤防から釣り上げることのできる魚ですのでこれから磯釣りの入門としてもおすすめできる対象魚の一つです。海釣りと言えば、太刀魚のエサ釣り以外はしないという方も多いほど、他の大きい魚に比べて釣れやすくさらに捌くのも非常に楽で旨いという魚にあたりますので人気は強烈な物です。そんな人気のある太刀魚堤防からの釣り方をご紹介太刀魚堤防からの釣り方一覧太刀魚堤防からの釣り方タナ太……