魚へんに春夏秋冬

魚へんに春 鰆(サワラ)

魚へんに春という漢字 鰆(サワラ)の画像

 

魚へんに春と書いて鰆(サワラ)という漢字はサワラ。
鰆とかくのは旬が春
なのが由来。

また名前の由来の一説はこの仲間の腹部が狭いという意の
狭腹(さはら)に由来すると言われている。

鰆はスズキやブリなどのように成長に応じて呼び名が
変わる出世魚の一種。
これが一般的にあまり魚に接しない人にはややこしい
のかもしれない。
鰆の場合は50cmまでをサゴシ、70cmぐらいまでをヤナギ
70cmを超えると鰆(サワラ)と呼ぶ。

魚へんに春という漢字 鰆(サワラ)の若魚サゴシの画像
(50㎝以下のサワラの若魚サゴシの画像)

暖かい時期は遊泳層が浅いので、防波堤からも釣れる魚の一つ。
釣れる時はよく釣れる魚。
フィッシュイーターなので、歯が鋭く
釣り糸などはワイヤーでないと切られることも稀にある。
ルアーもゴム素材などで出来たワームはボロボロにされる。

魚へんに春という漢字 鰆(サワラ)の歯の画像
(写真のように歯は鋭い)

味は刺身にすると、マグロなどに近い美味な魚。
煮つけてもけっこう旨い。
旬ではない時期などはあぶったものなどがスーパーなどでよく売られる。

漢字の由来にもなる旬の春を過ぎて、夏場あたりになると
釣れる鰆は臭いと言われているようだ。

 

 

 

魚へんに夏 「魚夏」(ワカシ)

魚へんに夏という漢字 ワカシ ブリの画像

魚へんに夏と書いてワカシと言い、ブリの稚魚で日本で作られた当て字。
ブリもサゴシなどと同様出世魚で大きさでいろいろな呼び名がある。
さらに各地でいろいろな呼び名があり、ワカシはそのなかの名称の一つ。

以下はブリの呼び名の一覧(地方によってことなる)。

ワカシ(ワカナ)→イナダ→ワラサ→ブリ

フクラギ(ツバス、ツバイソ)→ヤズ→ハマチ→メジロ→ブリ

 

ブリもサワラと同様に、70cm以上のものがブリとして呼ばれる。
70cm以上になると十分大きく成魚として認められてきたのであろうか。

 

魚へんに秋 鰍(カジカ)


(食品として売られる 鰍(カジカ)の写真)

魚へんに秋とかいて鰍はサンマなどと思った人も多いのではないだろうか。
サンマの方は秋刀魚の字を当てる。

現在でもサンマは各地で防波堤から釣れる魚の一つ、ただし回遊魚なので
一定の場所にとどまる期間が少なく、それに遭遇するのが難しい。
昔は東京湾などでも入れ食いなどの時もあったようだ。
これは昔のニュースなどの映像でも残っている

カジカ(鰍)はカジカ科に属する魚類の総称を呼ぶことが多い
カジカ科の魚は多種多様でかなり種類が多い。
海水魚のものはほとんど食用にならないので、あまり一般の方は
目にすることはないかもしれない。


(カジカ汁の写真)

和名のカジカ(Cottus pollux)はうろこがなく皮膚が皮のように柔らかい魚。
一生を淡水で終える淡水型、孵化後海に下る降海型の二つの生活型がある。
北陸地方ではカジカはゴリと呼ばれ、カジカを料理した有名なのがゴリ料理

 

魚へんに冬 鮗(コノシロ)


(寿司のコハダの画像)

魚へんに冬と書いて鮗(コノシロ)という。
魚へんに祭、子の代などとも書かれる魚。

ニシン目ニシン科の魚、ニシンなどは比較的有名であるが
一般的にはあまり見かけない魚の一つ。

体の特徴としては、。えらぶたの後ろに大きな黒斑、背びれの
後ろが大きく伸びているなどがあげられる。

食用としては、東京ですしの材料としてコハダと称して
食べられるのが有名

昔にはなかなか興味深い伝統的な使われ方をしていた魚の一つ。
お供え物に使われ、昔はあまり食用とはされなかった。
主に、子どもの健康祈願や武士の切腹の際の供え物などに
用いられたようだ。

コノシロは子の代とも書かれこれは幼児の身代わりとも
いう意味があるようだ。


魚へんに春夏秋冬と同じカテゴリ

 

魚へんに春夏秋冬を見ている人は他にこんなページもみています

地震と魚(イルカ)の大量死
地震と魚(イルカ)の大量死

座礁した魚の画像地震とイルカ大量死よくイルカに関しては、地震発生前に大量死があり地震との関係が報道で取り上げられることが多い。以下のニュースサイトの記事にイルカ大量死に関して過去の何件かのニュースのデータが詳しくのっている。日本ではイルカが座礁は珍しくないようだが件中に件あるということは、地震発生がイルカの大量死を起こさせている関係性がある可能性は高いとも言える。イルカには珍しい習性がある、それは……

危険 顎口虫が寄生する魚の種類
危険 顎口虫が寄生する魚の種類

顎口虫は主に、淡水に生息する魚の種類へと寄生する。あまり淡水魚を生で食べることはしないと思われるが、特別な状況などで食べる可能性も考えられるので、その際は顎口虫に注意する必要性がある。症状は極めて危険で人体に入った顎口虫は胃壁や腸壁を破り体内に移行。幼虫は人の臓器、脊椎、脳、眼球などに入り込んでいき、その機能を損傷させる恐れがある。主に顎口虫はドジョウの踊り食いなどをして食するのが危険視されている……