魚へん 交

漢字魚へん交と書いて「鮫」(サメ)。

 

鮫の数は多く全世界にはおおよそ350種程度存在すると
言われている。

 

浅場~深海まで広い域に生息しているので
姿や生態も多種多様でかなり異なっている。

 

 

一般的には人食い鮫とされるようなホホジロザメなどの
種が有名ですが、中には小さいナマズのような姿を
したものや、シュモクザメのような特殊な姿をしたもの
もいます。

シュモクザメの横からの画像
(上 エポウレットシャーク、下 シュモクザメ)

ホホジロザメなどは日本にもいるので海水浴場などにも
出てきそうな気もしますが、低水温で活動する魚なので
春先などの時期に、沿岸に接岸した個体と人との
接触事故が起こる。

 

人魚姫に出てくる人魚の存在も、元を辿れば
中国で、想像上の生物「鮫人」から来ているようです。

人魚の像
(メキシコの人魚の像)

 

 

鮫(サメ)の語源

 

昔は『新撰字鏡』(898‐901)
からすでに鮫にサメという訓が出てきている。

 

サメの語源については

「古語にサといひしは、狭也小也。其の眼のちいさきなるを云うに似たり」

『東雅』(1719年)

 

ハナザメの画像
(ハナザメの画像 鮫はかなり眼が小さい種類も多い)

体の大きさに比べて比べて眼の小さいということで狭目⇒サメと
いったとされている。

 

鰆(サワラ)などの魚も似たようなもので、腹が狭いということ
で狭腹で(サワラ)とされたのが名前の由来。

 

 

鮫の漢字 魚偏に交と書く由来

 

由来は多くあり、どれが有力な由来かは
判別がつかないですが、それぞれ載せておきます。

 

 

まず由来の一つに交尾する際に雌雄が体を交わらせて行うことから
来ているという説がある。

これは多くのサメが行うことで、実際には雄が雌に
噛みついて離れないようにして行うものもいる。

なぜこのような交尾を行うかというのは、サメは種類に
よっては単独で行動し他の個体との遭遇機会がほとんどなく
機会を逃すと子孫を残すことが出来なくなるという事から来ている。

 

主に人間の漁が原因で、絶滅危惧種のサメも
かなり多く存在する。

ホホジロザメの画像
(有名なホホジロザメも 絶滅危惧種)

 

 

次に、中国には蛟(ミズチ)という竜に似た空想の動物
いるので、そこから交という文字が来たという説もあり。
この蛟という動物は体をくねくねとくねらせて動くことで
鮫に似ているという説。

蛟はヘビに似ていて水中にすみ、角と足があり、毒気を
吐いて人を害するという空想の動物。

 

 

そして、「交」が上下の牙を交え、むきだす魚=サメ
いう説。
サメには、口を閉じていても常に歯をむき出しになっている
ような種類も中には存在する。

シロワニなどは口を半分あけて泳ぐという特徴を持つ。

シロワニの画像

By: adam w

 

最後に、鮫の皮は刀の鞘や柄を飾ることに使われたことから
その皮をもつものに「鮫」の字があてられたという説もあり。