Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

魚へん 坴 鯥

漢字は魚へん坴と書いて「鯥」ムツ

有名な高級魚のどくろと同種の魚。

 

 

鯥 ムツの特徴

 

ムツと別種のクロムツがいるがあまり区別に
扱われる

アカムツ(のどくろ)だけは別格で高級な
扱い方をされる。


(赤ムツ のどくろの刺身)

 

分布は本州南部から沖縄、北海道南部。
1mにまで成長するやや大型の魚。

 

成魚になると沖合の水深のある深場に移動。
水深200~600m程の海域に生息する。

 

冬が旬で、白身で旨い魚、やや脂っこい
所があるので煮つけが最適。

 

地方名は幼魚をオンシラズ、クジラトウシ、ヒムツ
成魚をオキムツ、クルマチ、ノドクロ。

仙台ではロクノウオと呼ばれる、伊達陸奥守に
遠慮したために陸奥の名前以外が使われたとされる。

 

ムツ(鯥)の語源

 

「陸奥」という言葉から来たとされる説。

分布は東北~九州と広いが陸奥では
珍しい魚だったためにこの名前が付けられた。

 

 

地方名のムツコイに由来する説

ムツコイ(脂っこい)ということに由来する
と『図説魚と貝の事典』に書かれている。

 

 

鯥の漢字 魚偏に坴と書く由来


(ムツの画像)

 

名前の由来①

「陸奥」という言葉から来たとされる説

 

から、漢字のつくりが坴と書く由来
になった
とされている。

 

これは単純に陸のつくりの坴(りく)
を魚偏にあてて「鯥」という漢字をつけた。

 

 

中国では鯥の漢字は空想の生物の名前で。

形は牛に似て、蛇の尾、翼をもち、陸に棲む
という怪魚を表す。

坴(りく)は陸の意があり。

陸に棲むという怪魚ということで鯥という
字があてられたようだ。