アジ釣り その場で捌くといい理由

マアジ(真鯵)の画像

堤防からのサビキ釣りなどをして、アジなどの魚をもって帰っても味が
いまいち美味しくない
と感じている方も多いのではないでしょうか。

そういう場合はアジ釣りの後でその場で捌く
ことをオススメします。

 

なぜアジ釣りの後でその場で捌くべき?かといいますと

 

もともと豆アジ、小アジなどは身がそれほどない上に
身の多くの所に、内臓やエラのアラの部分が触れています
アラが時間がたつごとに鮮度が悪くなり、触れている身の部分までも鮮度を
落としてしまいます。

なので、アジ釣りの後でその場でアラを取り除き魚の鮮度を
保つと、家に持って帰った後でも美味しさが違います。

小さい魚の鮮度を保つために重要なのは出来るだけ早めにアラを取り除くということです。

 

サビキで釣ったアジの胃の中に主に入っているものは、ほとんどが
サビキに使うアミエビということが多いはずです、アミエビの鮮度の劣化や時間を
置いた後の臭いなどを考えればアラがある程度どうなるかは想像できるのでないでしょうか。

 

アジなどと異なりアラと身の部分が綺麗に分厚い膜で
別れているような魚などは時間がたってもそれほど
身が痛まずにもって帰ることができます。

 

 

アジ釣りの後その場で捌く手順

 

その場で内臓やエラのアラを取り除くのが重要ですが
それまでに細かい手順がありますので紹介しておきます。

 

① サビキで釣れたアジを海水を入れたバッカンの中に落ち着くまで入れておく
(興奮した状態のままで、捌くと味が落ちるのである程度時間を置きます)

 

 時間を置いてから内臓やエラを手で取りのぞく、鮮度がよい状態のアジだと手だけでも取れる。

 

③ アジの内臓やエラを取り除いたものを海水で綺麗に水洗いする

 

④ アジを分厚い袋にいれて、クーラーボックスに入れる
(直接氷にふれるとアジの身が氷焼けしてしまいます。)

クーラーボックスには、水は入れない。ペットボトルに水をいれて
凍らせたものを入れておく、これは氷が溶けても水が出ません。
臭くなってもすぐに捨てて交換できるというメリットがあり。

捌いた後に真水に浸した魚は調理法によっては美味しいかも
しれませんが、基本的にあまり美味しくありません。

 

⑤ 後は鮮度の良いアジを調理するだけです。

 

ある程度のサイズのアジを釣った時などは、刺身で食べたいと思うことが
あるかもしれません。

シーズンによっては、生のままで刺身にするよりも一度凍らせた
ほうが旨いこともありますので。
生のままで刺身にしてイマイチの味と感じたら、一度冷凍させて
食べてみるのも良いです。

アジが一度で食べきれなく多く釣れた場合は
「なめろう」にするのもおすすめ

 

 

アジ釣り その場で捌くといい理由と同じカテゴリ

 

アジ釣り その場で捌くといい理由を見ている人は他にこんなページもみています

メバルの簡単な締め方
メバルの簡単な締め方

年の中どのシーズンでもそれなりに釣れやすい根魚一つメバルの締め方や捌き方を掲載しておきます。見た目通り目が大きいことで眼張と漢字文字で書かれる。種類などはメバル、ウスメバル、アコウダイ、バラメヌケ、エソメバル、トゴットメバルなどの種類などのメバルがいる。日本の本州沿岸でよく釣れるのは普通のメバルであることが多いです。同じメバルでも生息する水深によって体色がことなり、その違いで金メバル、黒メバル、赤……

ジグサビキ 夜の釣り方
ジグサビキ 夜の釣り方

ジグサビキで釣れやすい魚、アジ、サバ、イワシは日中行動性の魚なので昼のほうが釣れやすい魚です。過去にアジの行動の記事を書いたので掲載しておきます。アジサバパターンアジの習性アジの行動日中行動性の魚で、エサを捕食する時間は太陽が出てからがメイン。太陽が出た時に一斉に捕食を開始する。朝マズメ、夕マズメともに活発に行動するがアジは日中行動性の魚なので、朝マズメのほうが活発に行動する。アジはわずかな光量で……