アミエビの保存方法

一日中サビキ釣りをやっても、釣れないとなると
ほとんど使うこともなく、あまってしまうアミエビ。

 

夏場などに釣り場のごみ置き場に放置すると
腐って異臭を放ち、ハエなどが飛んでいるあの雰囲気は
あまりよくないですね。

 

 

坊主で一匹も釣れないとアミエビが大量に余り
勿体ないと感じる人もいるかもしれません。

 

 

頻繁にサビキ釣りをする人などは保存方法
などが気になることもあるかと、思うのでアミエビの
保存についていろいろと
書いておきました。

 

 

アミエビの保存

 

結論としては、サビキで使うアミエビは余った
ものでも保存は可能
です。

 

あまり釣れなさそうな日は「もとから保存前提」
アミエビ使うという方法をとればいいと思います。

 

 

サビキで使ったものを保存する場合は
大きくわけて2つのケースがあると思います。

 

  • まだ凍ったままアミエビを保存する場合
  • すでに溶かしてしまったアミエビを保存する場合。

 

 

 

鮮度さえよければどちらでも保存して再利用しても
問題はでません。次に使った時でも問題なくサビキで使っても
釣れることができます。

 

 

まだ凍ったままアミエビを保存する場合

 

 

鮮度という点ではまだ凍ったままのアミエビを保存
というのが良い

 

保存前提で使うのであれば、アミエビのブロックを
少しづつ使うといいです。
これは実際にやってみないと判りづらいですが
専用の道具をもっていないと面倒。

 

綺麗にアミエビを分割するのが簡単なのは「糸鋸」、ダイソーなどに
も売っているので、よく保存する人は使って
みてください。

 

道具をもっていない場合の方法で、厚手の袋にアミエビをいれて
地面に叩きつけて割ればいいのですが、なかなか割れづらいです。
袋が破けるとアミエビが飛びちるので気をつけてください。

 

保存するアミエビは、クーラーボックスで
しっかりと氷の近くに置き溶けないように
保存します。

 

 

すでに溶かしてしまったアミエビを保存する場合

 

もともとが、アミエビが凍ったものですから
再度凍らすだけで、再利用は可能です。

 

すでに溶かしてしまったものは、夏場の高温の
時期であれば、鮮度を考慮すると再利用は控えたほうが
いいと思います。
(再利用しても大方は釣れる訳ですが、魚に
食わせるものなので。)

 

溶かしてしまったアミエビを使いたい方は、溶かして
出たアミエビの汁を
捨てて、ほとんどアミエビのみにして凍らせるといいです。

 

もう一度凍らせるとアミエビの汁が茶色っぽく変色
して、次に溶かした時に臭いです。

 

実際にアミエビを保存した場合

チューブタイプのサビキ餌
(チューブ式のアミエビもあり)

 

実際に冷凍庫で保存しても、アミエビは
それなりの期間もちます
、すぐにダメになってしまう
ようであれば、釣り具屋もそんなにアミエビは多く
売らないでしょう。

 

溶かしたものでも一度凍らせてしまえば
それなりに持ちます、1週間ぐらいであれば色も
変色することもない
です。
(高温期のシーズンは除く)

 

かなりの期間おいていると、氷焼けしてか
黄色くなってくるので、さすが使用はやめたほうがいいのでは
ないでしょうか。
(店によってはそういうものもそのまま売られていますが)

 

 

冷凍庫にいれて凍らせていても、アミエビの臭いが移ることがあり
ますので、そのあたりに神経質な方は
アミエビを厚手の袋に入れて保存するといいです。

 

アミエビが余るのがもったいないと思う人は保存前提で
釣り場に行く前から大き目のアミエビのブロックを買って、糸鋸である
程度のブロックに分けて使う
というのが保存に最適な方法です。

 

実際にやってみるとわかるのですが
アミエビ自体それほど高い餌でもなく、けっこう面倒なので
つい1ブロック買って釣り場で全部使うということになりがちですね。

 

 

アミエビの保存方法と同じカテゴリ

 

アミエビの保存方法を見ている人は他にこんなページもみています

夜釣り 釣れる時間帯
夜釣り 釣れる時間帯

夜釣りでの釣れる時間帯などに関しての情報を簡単にまとめてみました釣れる時間帯釣れる時間帯などで何度も見かけると思いますが、夜釣りでも釣れる時間とマズメは切り離せません。ルアーであれば、魚種によってはマズメのチャンスを逃すとそれまでなどということもよくあります。よく書かれている事なので簡単に説明していくと。マズメとはなぜサビキで釣れる魚はマズメに活発に餌をとるかといいますと、餌となるプランクトンが活……

ヒリゾ浜 魚の種類
ヒリゾ浜 魚の種類

(南伊豆の写真)南伊豆に面するヒリゾ浜。そこは関東の海と思えないような透明度を誇る綺麗な海の中。魚の楽園の場所、観光などで伊豆にいく場合は寄って見て海の中を堪能して見てはいかがでしょうか。ヒリゾ浜は浅い場所でも綺麗な魚の種類を手軽にみれるのでお子様にもお勧め。このページではヒリゾ浜で見れる魚の種類で、綺麗でカラフルな魚をピックアップして写真や動画とともに紹介。ミナミハコフグハコフグの種類の黄色く可……