Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

カサゴの卵 卵持ちはリリースするべき?

釣れたカサゴ

(卵持ち個体のカサゴの画像、判りづらいですがこれも卵持ち個体)

 

卵持ちの個体は、餌を大量に食べた魚の
ように腹がそれなりに膨れています。

 

ぱっと見た感じでは卵持ちかどうか判りづらく
持ち帰ってみて、捌いてみたら卵持ちだとわかる方も
多いのではないでしょうか。
産卵時期に腹がふくれていたら卵持ちの可能性は
高いです。

 

 

 

サビキなどで釣れたら、アミエビを食べ過ぎて
こんなお腹になってしまったのかと、考える人も
多そうですね。

 

釣り味は、稀にカサゴと思えないような重量の個体もいるので
ちょっと期待して肩透かしをくらうことも。

 

 

カサゴ 卵 産卵時期

 

 

 

 

カサゴの産卵時期は一般的には秋頃~初冬。
関西では晩秋の時期に卵持ちの個体がよく釣れます。

 

『世界大百科事典大二版』によると

カサゴは雄が成熟する10~11月ごろから始まり

『12~2月』が最盛期とされています。

 

雌雄ともにほぼ2~3年で成熟するが,雄は9~10月に精巣が急激に大きくなり精子形成が行われるのに対し,雌では11~12月に卵巣が急激に熟する。交尾は雄が成熟する10~11月にかけて行われ,雌の体内に入った精子は卵の成熟を待って受精する。

<中略>

産出時期は11~3月に及ぶが,とくに12~2月が最盛期

出典 – 世界大百科事典大二版 カサゴ

 

 

カサゴの卵の味

 

色はまだ新しいものは、白からややピンク色っぽい色
のものが多いです。
孵化しかけになると、卵は緑色に変色します。

 

卵の味は無味といった感じで、焼いても煮ても
特別味があるというものではないです。

 

他の魚であれば卵単体でも、それなりに美味い
という魚もいますが。
カサゴの場合何らかの調味料で、味付けしないと特に美味い
という感じの卵でもなし。

 

調理法は煮るとやや生臭さがでるので、焼いてから
食べるのがおすすめ
かと。

 

 

カサゴ 卵持ちはリリースかどうか

カサゴ 卵
(これは判りやすい卵持ちの個体)

 

カサゴの場合非常に多産なので、特にリリースする必要性は
ない
と思いますが、可食部がそれほど多いわけでもない魚なので
他に多くの魚を釣っていたらリリースでいいでしょう。

 

子は3~4回に分けて生み出される。1回に生まれる子の数は2年魚で5000尾,
3年魚以上では1万3000~1万5000尾である。

出典 – 世界大百科事典大二版 カサゴ

 

卵胎生(普通のものよりも生存率が高い)でこの産卵数、特別減少傾向
という魚の種類でもないので、卵持ちの個体を持ちかったとしても
問題はないはずです。

 

産卵時期はカサゴの旬と一致しているので、身はすくないですが味は割と美味で
あることも多いです、他にあまり魚が釣れなかった場合は
捌くのは少し面倒ですが、一度食べてみるのはいかがでしょうか。

カサゴの卵 卵持ちはリリースするべき?と同じカテゴリ

 

カサゴの卵 卵持ちはリリースするべき?を見ている人は他にこんなページもみています

白身魚 メルルーサ
白身魚 メルルーサ

よく弁当や総菜で売られている白身魚のフライの魚を考えた人はどのくらいいるでしょうか。不思議と中身は全然知らないと思う人も多いはずフライというだけであまり中身を確認せずに食べていることも多いのかもしれません。割りと知られていない白身魚のフライでよく使われる魚の一つであるメルルーサという魚について載せています。メルルーサとはおもにメルルーサと呼ばれている魚はメルルーサ亜科の海水魚の総称であり属種が確認……

根魚代表的な4種類
根魚代表的な4種類

日本全国でわりとよく釣れる根魚ロックフィッシュを種類を紹介。根魚といえあなどれず、アイナメなどは比較的サイズも大きく、引きのある魚などもつれたりするので、コツをつかんでくると面白くなってきます。ロックフィッシュと呼ばれているので岩場やテトラだけに居そうな感じですが、漁港や足場のよい湾奥などにもよく居ついていることもあり。根魚はデイゲームでもきちんと狙えばそれなりに釣ることができるので釣りにいく時間……