Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

カサゴ(ガシラ) 夜釣りのコツと仕掛け

夜釣り 釣れたカサゴ

カサゴは見た目磯っぽい感じのする魚ですが、日本の沿岸であれば
足場のいいような釣り場でも比較的よく生息する。

冬でも比較的釣れやすい白身魚のカサゴ、夜釣りで簡単に釣れるので、
太刀魚が釣れない場合にも少し釣っていくのも
オススメできます。

可食部は少ない魚ですが、冬が旬で塩焼きなどに
すると割りと美味。

 

 

カサゴ 夜釣りの仕掛け

 

カサゴは根魚ということで底に生息しています。
その為に、底をとるような仕掛けを
利用して釣ります。

 

ブラクリでの仕掛け

テトラなどで使う穴釣り用の仕掛けですが、普通に堤防等から
使うぶんにも使えるカサゴ用の仕掛け。
こちらのほうが仕掛けが先端にまとまって
いるので根がかりはしづらい

 

自ら仕掛けを作るのが面倒な方は
こちらでもいいでしょう。

 

ぶっこみ釣りの仕掛け

夜釣り ぶっこみ釣り 仕掛け
(上記の仕掛けにケミホタルをつける)

 

中通し錘、針、サルカン等があれば作れる
仕掛け、糸を結ぶのが苦手ではない人であれば
すぐに作れます

ロストしてもせいぜい錘とケミホタルぐらいの値段なので
底をとり根がかりがしやすいカサゴの釣りでは
こちらもおすすめできます。

 

ハリスを細くしているとかなり
釣れやすくなりますが、カサゴ以外にも釣れることもあり
チヌやアナゴの大物がかかった
時にタモがないと対応できないので
ある程度の太さでもいいでしょう、カサゴであれば
フロロの6号でも夜釣りではよく釣れます。

 

カサゴ 夜釣り釣れやすい時間

カサゴの釣りは他の魚に比べると、時間に関しては
特にそこまで大きく影響が出ると
いうことはありません。

 

夜釣りで釣れる時間をひとつあげて見ると、他の小魚などのベイトも
動きやすい「夕まずめ」
の時間が釣れやすい
ということは言えます。

まずめの時間帯

特に豆アジなどが近くに溜まっている場所では
夕まずめによく動くこともあり、比較的この時間帯にカサゴも
釣れやすくなります。

 

夜釣りに関しての記事ですが
昼と比較してみてもカサゴは特別夜が釣れやすいということはないです。
例え昼であっても、ハリスを細く取れば。
ある程度釣れられてスレてきたような釣り場でも
釣ることは可能。

カサゴでの釣りは、時間というよりも下記
するような仕掛けを落とし込む場所のほうが重要度が高い。

 

カサゴ 夜釣りで狙うコツ

仕掛けを落とし込む(カサゴがいる)場所

 

カサゴなど一定の範囲をテリトリーにする根魚の
釣りでは、仕掛けを落とし込む場所を
外していると、まず釣れません

 

狙うポイントを挙げてみると
堤防の足元のすぐ下がポイントになります。

そして何処に群れが溜まりやすいか
というと、ほとんどがケーソンの隙間の部分です。
多くの釣り場でこの部分に逃げ込むような場所があり
敵となるような魚が迫ってきた場合で身を
隠しやすいからです。

カサゴがよくいる場所

 

足場のいい堤防でも、側にテトラがあれば
その付近にはカサゴが潜んでいることも多い。

 

仕掛けの場所移動

カサゴ(ガシラ)の画像

 

カサゴの群れが多く溜まっているような場所であれば2,3匹と
立て続けて、釣れるような事もありますが、稀なことです。
一度釣ってしまったら、ほんの少しだけ(約3m程)
移動して
堤防の際の所に落とし込みます。

 

落とし込む場所があっている場合、数分以内にはカサゴか
なにかの魚の、反応がある
ことがほとんどなので
5分ぐらい待っても何も無い場合は落とし込む場所を
変えたほうがいいかもしれません。

 

ある程度時間がたつと、一度釣れた場所でも
再度釣れることもあるので、よく群れがいるような場所では
一定の小さい範囲をローテーションしているだけ
カサゴが釣れ続けることもあり。

 

カサゴなどの一定の範囲内をテリトリーにする根魚の釣りで
数を出すのは基本はある程度移動して釣る
というのがおススメです。

 

餌の種類やつけ方

 

餌の種類は数多く、各種餌で釣ることができます。
ざっと挙げてみると、イソメ類、オキアミ、キビナゴ、イカ
など多数あり。

 

反応がいいのはイソメ類ですが
餌がつけづらい、日持ちがしないのと、持ち運ぶのも面倒と
いう点もあります。
カサゴの場合餌を丸呑みにすることも多く
他の餌でも釣れやすい。

 

キビナゴのつけ方
(餌は針が隠れるように確りと付ける)

餌のつけ方は重要で、しっかりと針を隠すように
付けないと見切られる可能性は高い
です。
釣れなくてもある程度時間がたったら餌がもろくなり
針が餌から露出してくるので交換する。

 

カサゴ 夜釣りでの合わせ

イカの切り身で釣れた カサゴ(ガシラ)の画像
(イカの切り身で釣れた カサゴ)

 

カサゴのアタリでよくあるのは
以下のパターン

「一気に餌を飲み込んでくる」

「何度か小さいアタリが入ってから、餌を飲む」

 

小さいあたりで即合わせると、かからないので
少し待って、竿の先端がある程度しなって
から確りと合わせます。

糸はそこまで確りと張らないほうが、警戒されづらいので
ある程度たるみを持たせて、待つのが基本です。

カサゴ(ガシラ) 夜釣りのコツと仕掛けと同じカテゴリ