メバルの簡単な締め方

1年の中どのシーズンでもそれなりに釣れやすい根魚
一つメバルの締め方や捌き方
掲載しておきます。

 

 

見た目通り目が大きいことで「眼張」と
漢字2文字で書かれる。

 

種類などはメバル、ウスメバル、アコウダイ、バラメヌケ、
エソメバル、トゴットメバル
などの28種類などのメバルがいる。
日本の本州沿岸でよく釣れるのは普通の「メバル」であることが多いです。

 

 

同じメバルでも生息する水深によって体色が
ことなり、その違いで金メバル、黒メバル、赤メバル、白メバル
などと呼び分けられることもあります。
陸地の浅い場所で釣れるのは赤と、黒がほとんど。

 

春先が旬となり、この時期はかなり味がいい魚。
若干の磯の香りがあり、上品な味の白身魚と
いった感じでしょうか、旬の時期にはおすすめです。

 

 

 

 

ハサミやナイフでの締め方

釣ったメバル
(この写真を元に、説明していきます。)

 

ハサミやナイフの刃物などでメバルを
締める時は写真のような場所をハサミやナイフで切れば
いいだけ
です。

 

大きくなっても40cm以下で締めても、あまり血が出てこないので
小さいメバルであれば、締めなくてあまり
味が変わるということも無いと思います。

 

 

メバルの締め方の手順

①地面に置いて頭を押さえつける

 

 

メバルは小さい魚なので、そこまで暴れることもないですが
ハサミやナイフで締める時には
小さく固定していないと跳ねて刃物を
入れずらいので頭を押さえ固定します。

 

 

②エラの下のやわらかい部分をハサミやナイフで切り開きます

 

メバルの締め方 鰓の下のやわらかい部分
(エラの下の部分を切る)

 

この際に血が流れ出てきます。
この部分は比較的やわらかいので簡単に
ハサミやナイフで切ることができる。

 

 

③体の中央部にある、延髄(固い骨)をハサミやナイフで切れば完了

メバルの締め方 延髄あたり

 

メバル 延髄の位置。胸鰭の少し上

 

 

この部分はエラ下の部分に比べるとやや
固いですが、メバル自体そこまで大きくならない
魚なので延髄が小さくハサミやナイフでも切れやすいです。

 

 

 

 

メバルの捌き方

 

 

メバルは他の魚と比べても体表は柔らかく包丁は
入れやすいです。

 

カサゴなどの根魚と同様にメバルは生命力が強いので
少し寒い時期であれば締めずに常温で保存しておけば
生きたままでも持ち帰ることができます。
陸にあげても、数時間は生きたままのことも多いです。

 

大きいサイズの個体を活きたままの状態で
捌くと、頭を切り落とした時に
口がパクパクと動いたり、心臓が
そのまま動いたりと見た目がグロいので、最初から
締めておいたほうが釣り初心者の方はいいかもしれません。

捌き方の手順

①頭を切り落とす

メバルの捌き方 頭の部分

メバルは頭の部分が大きいので、頭を落とすと
体の部分だけになり、かなり小さくなります。
(頭の部分を切り落とす、締めると同時にハサミで切り落とすのも可)

 

 

②腹の部分を切り開く

メバルの捌き方 切り開く腹の部分

(この部分のあたりを刃物などで開く)

③内臓のを取り除く

 

 

お腹を開いたあとで、内臓などを取り除きます
メバルはここにオキアミや、アミエビが入っていることもよく
あるので早めに取り除く事をおすすめします。
内臓と身の部分がしっかりと別かれて
いるのでそこまで鮮度に影響はでないと思いますが。

 

腹が大きくなっている個体に卵をもっている
ものもあります。
メバルは珍しく「胎生魚」で卵をメスが腹の中で稚魚になるまで
育ててから、外に出すという性質があり。

 

ここを開いたら、小さい稚魚が山ほど出てくると
なかなか、レアなケースをみることもできます。

 

 

⑤3枚におろす

 

3枚におろすというのは簡単に言えば骨の部分と
身の部分を分けるようにして切ればいいだけです。
できるだけ、骨に包丁を当てて身と分けるようにします。

 

メバルは見た目のとおり頭を落とすとそこまで
身が多くないので、おろす場合は丁寧に3枚に分ける。

 

20センチぐらいの個体からだと、ほとんど身は取れず
焼き魚などにする場合、3枚におろす必要はありません。