イエローヘッドジョーの混泳

イエローヘッドジョー 混泳

イエローヘッドジョーは、わりと臆病なので
他の海水魚と混泳させていると、巣穴にはいったまま
あまりでてこない場合がある

そのまま餌をたべずに巣穴にはいったままの状態で
衰弱して餓死する場合も。

巣穴を床砂につくるので、床を掃除するような
タイプの海水魚
だと、イエローヘッドジョーの巣穴を
破壊するので混泳はしないほうがいい。

もし、水槽内でイエローヘッドジョーをメインで鑑賞
しようとする場合は、他の海水魚の混泳はせず単独飼育するのがベスト。

混泳する場合もイエローヘッドジョーを環境に
なれさせてからいれるべきで、ハタタテハゼなどのハゼの種類や、
カエルウオなどが相性がいい。
イソギンチャクの種類は捕獲されるので×

イエローヘッドジョーは性別が外観からわかりにくいので
同種をペアで混泳させる場合は注意が必要。
オス同士だと激しく争い、殺し合いをする。
メス同士だと問題ない。
もとからペアになっている固体を購入するのが安全なので
よくペアで売られている事が多い。

マウスブルーダーなのでペアで混泳させていると、いつのまにか
口の中に卵をくわえているなんて幸せな光景をみれることもある。


イエローヘッドジョー 巣穴へのひきこもり

イエローヘッドジョーは臆病な魚なので、巣穴へ
ひきこもるような事がよくある。
まあ、またそこが可愛らしいところ?

原因はストレスから来ることが多く、他の海水魚を水槽に
混泳させている場合に多い

単独飼育の時でも巣穴へのひきこもることもある。
よくありがちなのペアになると、メスが巣穴から出てこないこと。

1週間程度、出てこない場合もありなにかの餌を食べているようでまた
巣穴からひょっこりと顔をのぞかせることもある、がしかし
そのまま餓死している可能性もあるので注意が必要。

死ぬときはだいたい表にでてくるので
巣穴へのひきこもっている場合はだいたい生存していることが多い

イエローヘッドジョーが巣穴へのひきこもり
はじめると気になってしかたがないと思いますが
砂をほじくって巣穴を壊して探すのは、水質を悪化させて
イエローヘッドジョーにストレスを与えるので
よほどのことがない限り控えておいたほうが良い。

イエローヘッドジョーが巣穴へのひきこもり
生存を確認したいようならば、冷凍のブラインシュリンプ
巣穴付近にやってあげる
と、匂いにつられて
巣穴から出てくる場合があるので

巣穴にひきこもってしまったら一度試してみては。

 

イエローヘッドジョーの混泳と同じカテゴリ

 

イエローヘッドジョーの混泳を見ている人は他にこんなページもみています

リーフィーシードラゴン
リーフィーシードラゴン

リーフィーシードラゴンの画像リーフィーシードラゴンは画像のように個性的な姿をしている。タツノオトシゴの種類ではなく、ヨウジウオ科の海水魚。よくタツノオトシゴ展などでも水族館で展示されるようだ。生息地はオーストラリア南西部沿岸。体長は成魚でほどで、大きな固体になるとまで成長するものもいる、大部分は前後で成長が止まる。リーフィーシードラゴンは水族館ではその独特の姿から初めて見る人に強い印象を与えるので……

日本の海?ヒリゾ浜 魚の種類
日本の海?ヒリゾ浜 魚の種類

(南伊豆の写真)南伊豆に面するヒリゾ浜。そこは関東の海と思えないような透明度を誇る綺麗な海の中。魚の楽園の場所、観光などで伊豆にいく場合は寄って見て海の中を堪能して見てはいかがでしょうか。ヒリゾ浜は浅い場所でも綺麗な魚の種類を手軽にみれるのでお子様にもお勧め。このページではヒリゾ浜で見れる魚の種類で、綺麗でカラフルな魚をピックアップして写真や動画とともに紹介。ミナミハコフグハコフグの種類の黄色く可……