Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

カサゴの簡単な締め方・捌き方

カサゴの写真

都市部の堤防など、簡単に釣れる根魚の
一つカサゴの締め方や捌き方
掲載しておきます。

 

 

口が非常に大きく、餌を丸呑みにする
性質があるので根魚の中でもかなり釣れやすい
です、サビキなどで勝手に釣れたという人も
多いはず。

 

 

ハサミやナイフでの締め方

カサゴ 昼

ハサミ,ナイフの刃物などでカサゴを
締める時は写真のような場所をハサミ,ナイフで切れば
いいだけ
です。

 

カサゴは締めても、そこまで血が出てこないので
小さいカサゴであれば、締めなくてあまり
味が変わるということも無いと思います。

 

カサゴの締め方の手順

 

①地面に置いて頭を押さえつける

 

②エラの下のやわらかい部分をハサミやナイフで切り開きます

カサゴの締め方 エラの下のやわらかい部分
(エラの下の白くなっている部分を切る)

この際に血が出てきます。
カサゴの締め方 鰓下

 

③体の中央部にある、延髄(固い骨)をハサミやナイフで切れば完了

カサゴの締め方 延髄あたり

カサゴ 延髄の位置。胸鰭の少し上

 

 

カサゴの捌き方

カサゴのヒレ

 

見た目、体に棘のようなヒレが多くありやや捌き
づらい魚ですが、体表は柔らかくそれほど包丁を
入れづらいということもないです。

 

カサゴは生命力が強いので、締めずに常温で保存しておけば
生きたままでも
持ち帰ることができます。

 

活きたままの状態で捌くと、頭を切り落とした時に
口がパクパクと動いたり、心臓が
そのまま動いたりと見た目がグロいので、最初から
締めておいたほうが初心者の方はいいかもしれません。

 

 

捌き方の手順

 

 

①頭を切り落とす

カサゴの捌き方 頭

 

 

カサゴは頭の部分が大きいので、頭を落とすと
かなり小さくなります。
(頭の部分を切り落とす、締めると同時にハサミで切り落とすのも可)

②腹の部分を切り開く

カサゴの捌き方 腹

 

 

カサゴ お腹を開く部位
カサゴの捌き方 お腹を開く部分

 

(この部分のあたりを刃物などで開く)

 

③内臓のを取り除く

 

お腹を開いたあとで、内臓などを取り除きます
稀にここに卵が入っている時があり。

カサゴ 卵
(卵をもったカサゴ)

卵も食べることができます、やや生ぐささがあり
味はたんぱくで、味はあまりしません。

 

カサゴは腹の中で孵化させるまで
卵を育てるタイプの魚です。
緑になっている場合は、魚が卵から出来かけの
ような状態になっているので、あまり味は
よろしくないようです。

 

⑤3枚におろす

3枚におろすというのは簡単に言えば骨の部分と
身の部分を分けるようにして切ればいいだけです。
できるだけ、骨に包丁を当てて身と分けるようにします。

カサゴは鰭の棘のような部分と骨がつながって
いますので、3枚におろしたほうがきれいに身だけに
できます。

20センチぐらいの個体からだと、ほとんど身は取れず
捌くのが面倒なので、捌く必要のないような料理方法
がおすすめ。

カサゴの簡単な締め方・捌き方と同じカテゴリ

 

カサゴの簡単な締め方・捌き方を見ている人は他にこんなページもみています

魚の鮮度維持は何度ぐらい?冬は氷不要?
魚の鮮度維持は何度ぐらい?冬は氷不要?

冬の釣り場は寒いので、クーラーボックスに氷は不要という疑問が浮かんだので少し調べてみました。魚の鮮度維持は何度魚の鮮度を維持するためには、絞めたり血抜きした後で以上の~を保ったほうが良いようです。長崎水産試験場のマアジ鮮度保持試験によれば時間以内であればで保存された魚(マアジ、イサキ)の死後硬直に達する時間が長くなり活けしめの状態が長くなるとされています。鮮度を保つ適温はに近いほうがいいということ……

ルアー ランガンが必要な理由
ルアー ランガンが必要な理由

あまりルアーで釣りをやらない方はなぜ面倒なランガンをしなければいけないのか不思議に思うかもしれない。魚がいるのであれば、ひたすら釣れるルアーだけを投げればは釣れるのではないかとそもそもランガンとは何ということからランガンは簡単に言えば、ただ単にポイントを移動しながら釣りをすること。一般的に言えばルアーでよく使われるが餌釣りの場合でも、素早く多くの魚を釣りたい場合使うことができる。ランガンがあまり必……