Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

シーバスの種類 マルスズキ,ヒラスズキ, タイリクスズキの違い

シーバスの種類 スズキ(マルスズキ)

シーバスの種類 スズキ(マルスズキ)の画像

特徴

  • 対高が低い
  • 第2背びれの軟条数が12~14
  • 側線から尻ビレ前までの鱗の数が18~21
  • 尾の付け根が細い
  • 尾びれ端の切れこみが深め
  • アゴの下の部分に鱗がない

 

日本各地で釣れるスズキの種類がマルスズキ
ヒラスズキやタイリクスズキと比べると大きい個体は
黒っぽいものが多い。
温暖な海域をこのむ、5℃~22℃程度までの海域に生息している。
ベイトを追って汽水域から淡水域まで入り込んでくる。

 

シーバスの種類 ヒラスズキ

シーバスの種類 ヒラスズキの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

特徴

  • 体高が高い
  • 第2背びれの軟条数が15~16
  • 側線から尻ビレ前までの鱗の数が14~16
  • 尾の付け根が太い
  • 尾びれ端の切れこみが浅い
  • アゴの下の部分に鱗がある

 

生息地は限られてくる、スズキより体高が高くかなり引きが強い。
大きい個体でも体は主に銀色。
体高があるためマルスズキと同じサイズでもかなり重量が異なる
マルスズキに比べると暖かい海域に生息する。

外洋を好むので特別な地域でしか見られないように思えるが
千葉県外房周辺から鹿児島までわりと日本各地で生息している。
台風で外洋が荒れると沿岸部にまで近寄ってくるようだ。

 

シーバスの種類 タイリクスズキ

特徴

  • 体側に黒い点がある以外は主にマルスズキと似通っている。
  • マルスズキ、ヒラスズキに比べしたアゴが小さい
  • 尾ビレが小さい

 

外来種、養殖のために国内に持ち込まれ逃げ出した個体
が繁殖して残っている。
体に黒点がついている個体はわかりやすいが、若いときはそうで
ない個体もいる
のでマルスズキに似ている。
体の黒点のため、「ホシスズキ」「ハンテンスズキ」などとも
呼ばれている。

 

 

シーバスの種類 見分け方

 

アゴのウロコの有無

シーバスの種類 見分け方 アゴのウロコ

マルスズキは写真のように下アゴにウロコがないが
ヒラスズキには一列のうろこがある。
ここを見れば比較的簡単に、マルスズキとヒラスズキを
見分けられる。

 

側線から尻ビレ前までの鱗の数

シーバスの種類 見分け方 側線から尻ビレ前までの鱗

 

魚体の中央にある黒い線のようなものが側線
マルスズキが側線から尻ビレ前までの鱗の数が18~21
に対して、ヒラスズキは鱗の数が14~16

 

尾びれの切れ込み

シーバスの種類 見分け方 尾ヒレの切れ込み

マルスズキは尾びれの切れ込みがV字型になっていて
ヒラスズキの切れ込みは平たん

 

 

シーバスの種類 マルスズキ,ヒラスズキ, タイリクスズキの違いと同じカテゴリ

 

シーバスの種類 マルスズキ,ヒラスズキ, タイリクスズキの違いを見ている人は他にこんなページもみています

サゴシ臭い原因、締め方に問題あり
サゴシ臭い原因、締め方に問題あり

サゴシを初めてライトショアジギングで釣りクーラーボックスにそのまま放り込んで持ち帰る方なども多いのではないでしょうか。はじめての釣り魚を持ち帰った場合処理などで失敗すると、かなりまずくなる原因となります。せっかく釣ったサゴシを臭い、まずいなどとしないようにそれらが起こる原因などをメモしておきます。サゴシが臭い、まずいの原因サゴシはサバと同じグループスズキ目サバ科に属する魚の種類。正式な和名はサワラ……

和歌山 太刀魚の釣り場 (青岸,マリーナシティ,水軒,田ノ浦)
和歌山 太刀魚の釣り場 (青岸,マリーナシティ,水軒,田ノ浦)

和歌山北部にある太刀魚のポイント(釣り場)について載せておきます。太刀魚は主に南のほうから大阪湾の内部に二手に分かれてポイントに入り込んで来るので和歌山と神戸は関西の中でも比較的太刀魚が出るの早いです。年も月頃から既にに出ています。和歌山から離れている関西住在の方も秋頃などに太刀魚を狙うのであればおススメできるポイントが多いです。和歌山の太刀魚ポイント大阪から大阪市内から和歌山の太刀魚ポイントに行……