Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

マゴチ メゴチ 見分け方

マゴチは平たい体つきをした日本沿岸部~水深200mほどの砂泥地
に棲む魚。

 

マゴチは生息域が似ているのでヒラメ、カレイ、キスなどを
釣る場合に釣れることも多い。

コチ類はどれも似ていて、あまり見慣れていない人には
みわけづらいので、それらの見分け方を紹介しておきます。

 

 

マゴチの別名

一般的にマゴチとよばれる魚の
正式な和名は

コチ (鯒)

学名 Platycephalus indicus(Linnaeus)

別名のマゴチがそのまま一般的に呼ばれている。
地方名などにもホンゴチなども含まれているので
多と比べて大型となり獲れたときの実入りが大きい
からだろう。

マゴチの地方名は(マゴチ、コチを除く)

イソゴチ、ガラコチ、ガラゴチェイ、クチヌイユ、クロゴチ
シラコチ、シロゴチ、ゼニゴチ、ホンコチ、ホンゴチ、
ムギメ、ヨゴチ、など

 

マゴチとメゴチは別の魚で、他に似たような魚ではヨシノゴチなどという
魚がいる。
メゴチの場合、釣りではネズミゴチなどを「メゴチ」
呼ぶことがほとんどのようだ。

 

関東地方ではネズッポのことをメゴチと呼ぶが,コチ科のメゴチとは別種である。

出典 – 世界大百科事典大二版

(ネズッポとはスズキ目・ネズッポ亜目の魚など。ネズミゴチが含まれる)

 

ちなみにこのネズミゴチは泉州ではよく、「ガッチョ」などと
呼ばれていて、鮮魚店などで販売される場合もガッチョと記載されて
売られている。
キス釣りのときに数多く釣れることもある。

 

マゴチとメゴチ 見分け方

釣りではメゴチとされている、「ネズミゴチ」は
ややこしいのでネズミゴチとしてここでは記載しておきます。

マゴチ メゴチ 大きさ

マゴチ

体長1m以上に達する大型になる魚。

 

メゴチ

全長25cmほどまで。

 

ネズミゴチ

全長20cmほどまで。

 

マゴチは大型になり、メゴチ、ネズミゴチは小さい魚。
40㎝以上と大きければ他のコチ類と比較すると
マゴチであると考えられる。

 

体の模様の違い

マゴチ

全体が小さいこまかい斑点。

胸びれに小さな褐色の斑点

メゴチ

第一背びれの後半部が黒い

ネズミゴチ

背中側には黄褐色や白の細かい斑点がある。

他と比べると白っぽいまだらの斑点が多い。

 

体の特徴の違い

マゴチ

メゴチ、ネズミゴチと比べると頭部が非常に平たい
上からみるとのっぺらい形。

口をネズミゴチなどと比べると
下顎の先端が大きく、丸くうけ口になっている。

メゴチ

メゴチの画像

出典 – 長崎県水産部ホームページ

頭部には小さい棘などがある。
目の下に4本以上の棘がある

 

ネズミゴチ

頭部は口のほうが細長い三角形のような
形になっている。

口がとがっているのでマゴチとここで
マゴチと見分けやすい。

 

マゴチとメゴチ 見分け方 まとめ

本州であれば、コチ類のような見た目で40㎝以上と大きければ
マゴチ。

(奄美大島以南ではイネゴチという大型の種類もいる)

マゴチとネズミゴチの違いは頭部や口でみわけやすく
口がまるまっているのが、「マゴチ」
口がとがっているのが「ネズミゴチ(メゴチ)」

 

マゴチとメゴチの違いは、メゴチには
頭部の小さい棘目の下に4本以上の棘などが
あるのでそれらがついていたら「メゴチ」

 

マゴチ メゴチ 見分け方と同じカテゴリ

 

マゴチ メゴチ 見分け方を見ている人は他にこんなページもみています

白身魚 メルルーサ
白身魚 メルルーサ

よく弁当や総菜で売られている白身魚のフライの魚を考えた人はどのくらいいるでしょうか。不思議と中身は全然知らないと思う人も多いはずフライというだけであまり中身を確認せずに食べていることも多いのかもしれません。割りと知られていない白身魚のフライでよく使われる魚の一つであるメルルーサという魚について載せています。メルルーサとはおもにメルルーサと呼ばれている魚はメルルーサ亜科の海水魚の総称であり属種が確認……

アイゴの種類
アイゴの種類

毒をもつ海水魚、アイゴの種類を紹介しているページ。種ほど紹介。幼魚は大きな群れをつくり、その中にニザダイの種類がまじっていることがある。成長すると群れから離れて、ペアで行動する。アイゴの種類は、ウミガメが好物なので、アイゴはタートルグラスと呼ばれることもある。アイゴ毒の特徴毒といってもアイゴの毒は死にいたるようなものではないのでそれほどあわてる必要はない。しかし、痛みはともなうので魚の取り扱いには……