アイゴの種類

<

毒をもつ海水魚、アイゴの種類を紹介しているページ。5種ほど紹介。

幼魚は大きな群れをつくり、その中にニザダイの種類がまじっていることがある。
成長すると群れから離れて、ペアで行動する。
アイゴの種類は、ウミガメが好物なので、アイゴはタートルグラスと呼ばれることもある。

アイゴ 毒の特徴

毒といってもアイゴの毒は死にいたるようなものではないので
それほどあわてる必要はない。
しかし、痛みはともなうので魚の取り扱いには十分な注意が必要。

アイゴの種類は主に鰭のトゲに毒を持ちこれに刺されると、数時間から数週間痛む。
アイゴの毒は熱に弱い、ペプチドという毒なので60C以上の熱湯に1時間ほど患部を
つけこんでおくと良い。


アイゴの種類の各共通項目を次のように記載してある。

  1. 名前
  2. 分布
  3. 体長

アイゴ

アイゴの画像


アイゴの画像
By: NOAA Photo Library

  1. アイゴ
  2. 日本の青森以南、朝鮮半島南部 
  3. 25cm

9月頃に防波堤で多量に群れでかたまって
いることがある、魚影を目視で確認できるほど多量に一部に溜まる。
よく体色を変える、釣りで釣れたときは主にこげ茶色い体色をしている。

警戒心が強いとよく記載されているが、群れになっているときはそれ程ではないのか
10cm程度のアイゴがジグサビキやサビキの仕掛けに何度も
かかることもある。

鰭のトゲに毒がある魚、なので注意が必要。

針はずしの際うっかりと、トゲに触ってしまったことがある。
血は出ていてアイゴの毒はしっかりともらったようだが
アイゴの固体サイズ小さいのか、刺さりかたが甘かったのか
それほど痛まずにすんだ。
しかし1、2日ほど、刺さった部分に異物がはいっているようで、触れると
痛い感じは続いていた。

大きい固体のアイゴのトゲが直撃するとかなり痛みが続く(長くて1週間も)ようなので、手は
近づけないようにしたほうがよいだろう。
死んだ個体でもアイゴの毒はのこっているようだ。

アイゴの毒の対処法は共通で、
我慢できるような温度(60℃以上)の熱湯に傷口を1時間ほどつけこんでおくのが一番。

その他は、アイゴの目玉の黒い部分を傷口に塗りこむのもよいようだ。
釣りに行った場合はお湯が都合よく使えるわけでもない
ことが多いのでこの方法が最善なのだろうか。

しかし衛生的には問題がありそうな所だ。


ハナアイゴ

 

  1. ハナアイゴ
  2. 日本の田辺以南、西太平洋、インド洋
  3. 20cm

青みがかった淡い灰色の体色に、黄色い斑点があるアイゴ。
体色の色をよく変える。
アイゴの比べ、こちらはあまり警戒しないのかダイバーの餌付けにも
良くなれる、ダイバーが吐き出す泡などもつついて遊ぶようだ。

アイゴと同様に鰭のトゲに毒がある魚
トゲが直撃するとかなり痛みが続くのでダイバーの方は
注意したほうが良いだろう。
ちなみに、興奮するとすぐに糞をもらす(笑)


ヒフキアイゴ

ヒフキアイゴの画像(スポットあり)


ヒフキアイゴの画像(スポットあり)
By: Cliff

ヒフキアイゴの画像(スポット無し)


ヒフキアイゴの画像(スポット無し)
By: shankar s.

  1. ヒフキアイゴ
  2. 南西諸島以南の西太平洋
  3. 20cm

アイゴといったら毒針のような鰭のトゲが印象に強いので、ヒフキアイゴと
いったらトゲに刺さると火をふくぐらいに痛いのかと
思ったがそういうわけではないようだ。

こちらは日本でよくいるアイゴとは違い、カラフルな色合いをしている。
観賞魚用としてのアイゴとしてはもっとも人気がある種類。
体色はおもに黄色で、頭部が白と黒のラインがつく。

体側の黒斑は固体ごとにことなる。

他のアイゴ同じように、体色を変化させやすいのか
夜間になると色が茶色く黒ずむ。

鰭のトゲに毒がある魚なので飼育の際、素手でさわらないように注意。


ヒメアイゴ

ヒメアイゴの画像


ヒメアイゴの画像
By: Paul Asman and Jill Lenoble

  1. ヒメアイゴ
  2. 西部太平洋
  3. 20cm

こちらも観賞魚用のアイゴで、カラフルな色合い。
体色は地が白で背中から尾にかけて黄色っぽい。
頭部とエラのあたりに黒いラインが入る。

フィリピンのマニラからよく輸入される。餌付けやすく人口飼料にもなれる。
ヤッコやチョウチョウウオとも混泳させやすい。

ヒフキアイゴと同様に鰭のトゲに毒がある魚なので注意。


ゴマアイゴ

ゴマアイゴの画像

  1. ゴマアイゴ
  2. 沖縄県以南~東インド・西太平洋
  3. 50cm

岩礁や汽水域に生息するアイゴ。
同じアイゴの種類のゴールデンスポットスパインフットと似ている。

他のアイゴと同様にヒレのトゲに毒がある。

 

 

アイゴの種類と同じカテゴリ

 

アイゴの種類を見ている人は他にこんなページもみています

釣り毒魚 初心者必見
釣り毒魚 初心者必見

防波堤釣りで釣れることもある毒魚や生物を写真画像をつけてまとめて紹介しているページ。釣り毒魚の種類アカエイこげ茶色の体色で、縁が橙色。尾の部分に毒を注入するトゲが突き出している。死んだ個体でも注意する必要がある。砂の中に体を埋めて、目だけをだしていることが多い。このことから海水浴の際、被害に合う事がおおいようで踏みつけられそうになった所を毒針で刺されるというパターンが多い。沖にいそうだが、時期によ……

ニザダイの種類
ニザダイの種類

ニザダイの種類はキイロハギや、ナンヨウハギなどがカクレクマノミやクマノミなどの海水魚のように初心者にも人気があり多くの人によく飼育されている。泳ぎが得意で、ひらひらとうまく水槽内を泳ぐものが多いので飼育して観察してみると面白い。幼魚は全身が黄色いものが多いのも特徴の一つ。飼育する場合、他の海水魚と比較するとニザダイの種類は白点病にかかりやすい部類。ただ餌をよく食べるので、簡単に持ち直すことが多い。……